食通たちの “いつものメニュー”を拝見! Vol.1

あの人の行きつけ店 Part1

「いつものちょうだい!」

ヤマシロヤ サカバ

『山城屋酒場』の寒サバの塩焼き ¥580

吉田類さん (エッセイスト& 俳人)
「下町に住んでからのお付き合いなので、かれこれ20年は通っています。現在は高知を拠点にしているのですが、東京に戻ると一番最初に思い出す店。低いカウンターと土間に下町情緒があって手入れも行きとどいています。料理も酒も安いし旨い。遠赤外線の熱で焼き上げる鯖の塩焼きはピカイチのおいしさです」

ホールチャン

『ホールちゃん』のタンとミノ それぞれ¥6,500の
おまかせコースより

小石原はるかさん (フードライター)
「初めてお店に行ったときから圧倒的な肉質の良さに魅了されて、定期的に通っています。ホールちゃんの主役は、タンやミノなど鮮度抜群なホルモンの数々。おまかせコースのみですが、〆の鍋も毎回違うので楽しみ。店主の鄭さんご夫妻のサービスも素晴らしくて、また来たいなという気持ちになれるんです」

ワショクドコロイッカン

『和食 一寛』の冷やしトマト煮¥8,000のコースより

樫井雄介さん(食コラムニスト)
「もともと店主が修行していた赤坂の津やまによく行っていて、彼が独立することを知ったので、足を運んだのが通いはじめたきっかけ。津やまで学んだ技術を昇華させ、コストパフォーマンスの高い料理を供する店主の姿勢に感動させられます。冷やしトマト煮を冷酒と一緒にいただくと夏の到来を感じます」


東カレアプリダウンロードはこちら >

【食通たちの “いつものメニュー”を拝見!】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ