先週のアクセスランキング!1位は「夫が待ちわびていたはずの“オメデタ”報告。しかし妻を地獄へと突き落とす、サイコパス男の残酷な言葉」

「東京カレンダーWEB」の1週間分のランキングから、人気記事ベスト5をご紹介!

“サイコパス男の残酷な言葉”に“あざとい元カノの攻撃と、悪意の連鎖”から“セレブ妻の意外過ぎる決断”まで。さて、栄えあるベスト1は?

★第1位
夫が待ちわびていたはずの“オメデタ”報告。しかし妻を地獄へと突き落とす、サイコパス男の残酷な言葉

もしかして…という麻矢子に急かされ、私たちは苺のブッフェを早々に切り上げた。近くのドラッグストアで検査薬を買い、タクシーで急いで家を目指す。

「希……。どう…?」

1秒、2秒、3秒……。検査薬の反応が出るまで、ドキドキと胸の鼓動が高鳴った。

続きはこちら

★第2位
「女の一番いい時を、無駄にして良いの?」夫の若い浮気相手を黙らせた、40歳女のプライド

「え…?麻友…何でここに…?」

状況がつかめずぽかんとしている夫に、おかしさのような感情がこみ上げてくる。紀子は穏やかだが力強い口調で、こう言った。

「島崎さん。私、子どもたちを16時に迎えに行かなきゃならないの。それまでなら、付き合ってあげるわ」

紀子の毅然とした態度に、麻友だけでなく、徹も驚いた様子だった。こうして3人での、奇妙な話し合いが始まった。

続きはこちら

★第3位
「隼人くんのせいだよ?」人気アナウンサーをハメたあざとい元カノの攻撃と、悪意の連鎖

―少しだけでも、話したい。

私から5mほど離れた場所で、スタッフと談笑を始めた隼人くんに、何度か視線を送ってみる。気を引きたくて笹崎さんの話に大げさな笑い声を立ててみたりもした。

だけど隼人くんは全く私を見ない。まるで私の存在など見えていないようなその態度に、あの日のことを思い出す。

―私だって、あんなことするつもりなかったのに。隼人くんのせいだよ。

続きはこちら

★第4位
妻の“苗字”に惚れて結婚を決めた男が感じる、底知れぬ息苦しさ:ハイスペ婚の履歴書【夫】

これはパートナーになった時に義父から頂いた物です。私は尚子さんとの結婚の際、西園寺家に婿入りしています。

彼女との出会いは、慶應大学のゴルフサークルでした。慶應には塾高からで、内部生の中ではごく一般的なサラリーマン家庭なんじゃないでしょうか。

僕が育ったのは代々木上原です。メーカー勤務の父にはとても手の出ない場所に住んでいたのは、官僚をしていた祖父の家に同居していたからです。

続きはこちら

★第5位
慶應幼稚舎の合格を手放した、セレブ妻の意外過ぎる決断。そして運命の歯車が狂いだす・・・

アナウンスを合図に、講堂に溢れるほどいた保護者の5分の4が、無言のまま退席する。座ったままの保護者、すなわち2次の受験資格を得た人たちは、声に出さないものの、頬が紅潮していた。

スクリーンの抽選結果を見て、旬の番号がないことをもう一度確認してから席を立つ。

出口に向かうとき、ここにいるはずのない顔を見た気がして、あかりは思わず会場を見渡した。

続きはこちら

東カデー詳細はこちら >

東京カレンダー 月刊誌詳細はこちら >

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo