先週のアクセスランキング!1位は、「夫が、帰ってこない…。」一晩中帰りを待つ妻へ放たれた、サイコパス男からの非情な言葉

「東京カレンダーWEB」の1週間分のランキングから、人気記事ベスト5をご紹介!

“サイコパス男からの非情な言葉”に“芦屋大学出身者の、豪遊生活の末路”から““16年モノ”エンブレム争奪戦の、意外過ぎる結末”まで。さて、栄えあるベスト1は?

★第1位
「夫が、帰ってこない…。」一晩中帰りを待つ妻へ放たれた、サイコパス男からの非情な言葉

結婚していたにも関わらず、当時私が夫に抱いていた感情はまだ“恋”だった。数時間の不安感さえ、当時の私にとっては耐えがたかったのだ。

再びテレビに視線を戻すも、ストーリーがなかなか頭に入ってこない。無性にジャンクなモノが食べたくなり、「こんな日はしょうがないよね」と、ポテトチップスの袋を開けた。

ようやく携帯が震えたのは、カーテンの隙間から日の光が漏れだす頃だった。

続きはこちら

★第2位
「最低なのは分かっている…。」それでも妻を裏切り、許されぬ恋を貫こうとする夫の本心

―今日、久しぶりに会える?

ここ最近、妻に浮気を疑われていたので、神山由香里と会うのは自重していた。しかし1ヶ月ほど経ち、あゆみとの関係も元に戻ったと思ったので、そろそろ大丈夫かと連絡をする。送ったLINEはしばらく既読がつかなかったが、数時間して返事があった。

―分かった。ちょうど、話したいことがあるの。

続きはこちら

★第3位
フェラーリやポルシェで通学は当たり前!?超お金持ち校・芦屋大学出身者の、豪遊生活の末路

親の会社を継ぐことは高校生の時からわかっていたし、本当は大学進学にも興味が沸かなかった。しかし、とりあえず大学だけは卒業しろと両親からきつく言われ、しぶしぶ進学したのだ。

大学に入学すると、そこには拓也に似たタイプの、超金持ち家庭に育った学生たちが勢揃いしていたという。

そして、そこから拓也が語ってくれた彼の学生生活は、思わず腰を抜かしそうになるような、信じがたいエピソードの連続だったのだ。

続きはこちら

★第4位
「どうしてもCAになりたい…!」見栄とプライドを捨てて転職した客室乗務員の、惨めな婚活事情

客室乗務員、通称“CA”。機内で出会う彼女たちは、凛としていて美しく、優しい笑顔を向け、真心のこもったサービスをしてくれる。昔から、男性にとっても女性にとっても憧れの職業だ。

しかし舞の疲れた様子を見ていると、CAの完璧な振る舞いは飛行機の中限定なのかと、がっかりしてしまう。とはいえ、業務外なのだから仕方ない。

そのうち、彼女は目に涙を浮かべながらポツリポツリと話し始めた。

続きはこちら

★第5位
運命の慶應幼稚舎合格発表。6歳で得る“16年モノ”エンブレム争奪戦の、意外過ぎる結末

一見公平なようだが、あかりのように「ご挨拶」に行くルートさえない者にとってはそれも素直には喜べなかった。ここまで出自を明かせないとなると、全員がこの願書だけで判断されるとは到底思えないからだ。

慶應幼稚舎の生徒が、試験当日の成績が良かっただけの子で構成されるなど、あるはずがないのだ。この願書を提出する前に、身上があきらかになっている受験生が大勢いるはずだと、あかりは思う。

しかし不思議なことに、今のあかりはそれも当然とさえ感じていた。

続きはこちら

東カデー詳細はこちら >

東京カレンダー 月刊誌詳細はこちら >

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo