ハイスペ婚の履歴書【夫】 Vol.1

ハイスペ婚の履歴書【夫】:上位3%の美女しか愛せない、エリート渉外弁護士の歪んだ愛

好き、じゃなきゃ結婚できない。
でも好き、だけでも結婚できない。

東京で勝ち組でいつづけるには生まれ・学歴・収入・ビジュアルが複雑に絡んでくる。欲望と打算と、認めたくない妥協と。

勝ち組と言われる結婚をした夫婦たちは、どう折り合いをつけハイスぺ婚に至ったのか?

披露宴で聞かされる新郎新婦の馴れ初めなんて、正直もう聞き飽きた。ハイスペ婚の真実、知りたくない?

超絶美女である美香が「結婚してあげた」と思っている夫、剛の本音とは…?


年収1,500万円の渉外弁護士、剛(36歳)の場合


パレスホテルの『グランド キッチン』に現れた剛は、一見弁護士とは思えない、スポーツが好きな少年の様な雰囲気を残したままの男だった。

その雰囲気のせいか、一目で高価だと分かるスーツを着ていても、どこか違和感がある。しかし、そんなことを一瞬で忘れさせる快活な口調で、自身の結婚に至るまでのことを話し始めた。



遅い時間に、すみませんね。

海外から戻ってきても、パートナーになるまでは働き詰めで。ここはオフィスに近くて、遅くでもしっかりご飯が食べられるから気に入っているんです。

朝は美香が買っておいてくれるソイジョイ、昼は秘書の子に1,000円渡してお弁当を買ってきてもらってるから、夜位は好きな物食べようってね。美香はホテルでしか食事をしたがらないから、外食する時はホテルのレストランを使うようにしてるんです。

あ、もう美香には会ったんでしたっけ?じゃあ、僕が詳しく話すこともないでしょう。僕は美香の美貌に惚れぬいているんです。男ならみんな分かってくれると思うんですが。

僕も実家は千葉で。と言っても、美香とはそこで意気投合したわけじゃなくて、何ていうか目指している方向が一緒だったんですよね。もてるモノを使って東京で一流の生活をするっていう。

親父は普通のサラリーマンで、バブル崩壊後、不景気の煽りをモロに受けて苦労しているのが、子供心にも分かったんです。

僕が高校生の時なんてボーナスがかなりカットされたみたいで、お袋がパートに出だしたんですよ。家の近くだと同じマンションの人達に見られるからって、わざわざチャリで隣の駅まで通って。

…なんかやりきれなかったですね。

そのとき、女に同情されるような男になりたくないって強く思いました。だから僕は、男として一人前になるには国家資格を取ろうと決めたんです。

でもガリ勉だった訳じゃなく、中学の頃から周りにいる可愛い子を片っ端から口説いてました。そうすると中には付き合える子もいて、大学までなんだかんだ可愛い彼女をきらしたことはなかったですね。

【ハイスペ婚の履歴書【夫】】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo