これからの中華は沿線がおもしろい Vol.2

シナバー シンシャ

cinnabar 辰砂

京王井の頭線/高井戸

美味しい薫りがお出迎え
地元民のオアシス的和み中華

居酒屋感覚ながら、キチンとした中華を気軽に楽しめたなら……。そんな我儘にこたえてくれる頼もしい一軒が、この『シナバー辰砂』だ。

「気が向いた時に1週間に何度でもフラリと立ち寄ってもらえるような、地元密着型のお店にしたかったんです」と控えめな口調で、語るのは根岸正泰氏。

あの『桃の木』で学んだ技術と経験を生かしつつも、場所柄と値段の手頃さを考慮に入れたフットワークの軽い料理が魅力的だ。たとえば四川の家庭料理のひとつ、千扁四季豆をほんの少しアレンジした、インゲンのカリカリは通常の一度揚げたインゲンを再度挽き肉等と炒め和えるスタイルではなく、インゲンのホクホク感を味わってもらいたいとあえて揚げたてを出し、花椒で風味をプラス。

また老酒漬けのイカの塩辛やトマトケチャップではなくトマトソースを用い、バジルで香りづけしたちょっぴりイタリアン?なじゃがいもとえびのバジルチリソースなど、おなじみの定番料理も、ここではひと味グレードアップ。創作に走りすぎないオリジナルテイストが、好ましい。

初めてならば、本日のおまかせ3品を試してみたい。飲みたい人なら酒肴的料理を中心に、しっかり食事をしたい方には、おかずになる料理を……と。客によって内容を変えるフレキシブルさも地元密着型ならでは。これで1400円は、まさにお値打ち。そぼろ高菜ごはんや担担麺など、〆の食事メニューも充実している。

左.インゲンのカリカリ¥500。揚げたてのホクホクした食感が後を引く。ビールの肴にもピッタリ

右.スペアリブと豆もやし クレソンのスープ蒸し。おまかせ3品のうち1品として登場することも

左.じゃがいもとえびのバジルチリソース¥800。ちょっぴりイタリアンな風味がユニーク

右.そぼろ高菜ごはん¥500。熟成した豚肉を加えた台湾風そぼろ肉が美味。ランチでも人気とか

赤い鉱石の名前と支那バーをかけた店名。日本語でいえば辰砂。夜10時以降はバータイム


東カレアプリダウンロードはこちら >

【これからの中華は沿線がおもしろい】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ