先週のアクセスランキング!1位は「サイコパスな夫:東大卒・外銀勤め・身長185cmのイケメン。完璧な男の正体は“サイコパス”だった?」

「東京カレンダーWEB」の1週間分のランキングから、人気記事ベスト5をご紹介!

“サイコパスな夫”に“人気アナウンサーの、スキャンダルの代償”から“#内部生”まで。さて、栄えあるベスト1は?

★第1位
サイコパスな夫:東大卒・外銀勤め・身長185cmのイケメン。完璧な男の正体は“サイコパス”だった?

夫を賞賛されて嬉しくない妻など、いないはずだ。

だけど私はそのたびに、全否定したくなる。そして「そんなことないです」と一言、謙遜のような言葉を返す。

そう、夫は誰からも「完璧」だと思われているのだ。しかしかくいう私も、彼への第一印象は”完璧な人”だったっけ……。

続きはこちら

★第2位
「絶対に浮気をしない人などいません。」夫婦関係を過信した妻に突きつけられた、予想外の言葉

固い表情をしたあゆみの緊張を和らげようと、紀子は関係のない話で場を繋いでくれる。

辿り着いた場所は、想像していたよりも綺麗なビルの1フロアにあった。ドラマに出てくるような暗くて書類が山積みになった小さな事務所ではなく、普通の会社のような明るく綺麗なオフィスに、少しホッとする。

ここ何週間の晴れない気持ちが少しでも救われますように―。そう祈りながら、オフィスに足を踏み入れたのだった。

続きはこちら

★第3位
「僕を降ろせと言われたんですか?」人気アナウンサーの、スキャンダルの代償

僕が番組で自分の不倫疑惑について喋り終え、着替えて楽屋を出ると「仕事で番組には出られない」と言っていた3期下の後輩アナウンサー、笹崎拓真(ささざき たくま)が待っていた。

まだ午前9時過ぎ。こんな時間にロケが終わることはそうそうない。笹崎は、本当に申し訳さそうな、泣きそうな顔になりながら言った。

「隼人さん、マジで、マジで、すみませんでした…。今朝、遠藤選手から僕に直接連絡が来て、今日のロケ、午後からに変更になっちゃったんです。」

続きはこちら

★第4位
あの時、どうすればOKを貰えたの?手まで繋いで親密だったのに、寸止めを食らった男の敗因【Q】

23時、西麻布の交差点に僕は茫然と立ち尽くしていた。僕の視線の先には、みるみるうちに小さくなっていく1台のタクシー。

絶対、このデートで行けると思っていた。なのに、永遠に彼女は僕の腕の中には飛び込んできてくれない。手も繋いだし、向こうから抱きついてもきてくれた。それなのにどうして、もう一歩先に進めなかったのか...。

その後ろ姿を黙って見つめながら、僕は菜穂とのデートを思い返していたー。

続きはこちら

★第5位
#内部生:外部生に価値は無し?お嬢様学校・甲南女子大の校内カーストを制した女の婚活事情

「食事会に行くと、大学名を伝えただけで男性にはチヤホヤされますが、それは彼らが内部事情を知らないから。大学から南女に通っても、本当の価値はありません。神戸では、出身校を尋ねるときはまず高校を尋ねるのがご挨拶ですから」

高校を聞けば、どの程度の育ちなのか大抵想像がつくと彼女は語る。

公立高校に通っていると答えた者は、その時点で見下され、部外者扱いをされる。それが神戸なのだ。

続きはこちら

東カデー詳細はこちら >

東京カレンダー 月刊誌詳細はこちら >

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo