先週のアクセスランキング!1位は「新婚クライシス 最終回:妻に襲った“婦人科系トラブル”。容赦ない悲劇を乗り越えた、夫婦の絆」

「東京カレンダーWEB」の1週間分のランキングから、人気記事ベスト5をご紹介!

“新婚クライシス”に“パーフェクト・カップル”から“シバユカ”まで。さて、栄えあるベスト1は?

★第1位
新婚クライシス 最終回:妻に襲った“婦人科系トラブル”。容赦ない悲劇を乗り越えた、夫婦の絆

友人の萌に言われた通り、英里は軽い気持ちで“ブライダルチェック”という検査を受けた。今日は、その結果を聞きに来ている。

「ご結婚は...されてるんですね。年齢も31歳とお若いので、妊娠をご希望なら早めの計画をお勧めします」

女医は英里の問診票を見ながら、冷静に判断を下す。

「あ、あの......それって、放っておいていいんですか?あと、卵巣年齢って...?」

続きはこちら

★第2位
浮気を“された妻”は後を絶たない。友人が見つけた、腹立たしい夫の浮気の痕跡

あゆみは99%クロだと思っていたが、1%の望みを捨てていなかった。浮気を素直に認めて、土下座してくれるのではないか。もしくは納得のいく説明をしてくれるのではないか、と。

しかしその期待は、見事に裏切られた。愛する夫は最後までシラを切りとおし、浮気相手との生活を守ろうとしたのだ。

―紀子さん、お願いごとがあって近々お会いできませんか?よかったら清香ちゃんも一緒に、ランチでも。

あゆみは、紀子と清香のグループLINEに送った。ここまできたら、ずっと考えていた“最終手段”をとるしかない。

続きはこちら

★第3位
パーフェクト・カップル:噂は止められない…。理想の夫婦を襲う、SNS炎上の恐怖

インスタに朝食をアップした直後、待ち構えていたように書き込まれたそのコメントに、私は釘づけになったまま動けずにいた。

アンチと呼ばれる人たちからの悪口に攻撃されることには慣れているし、普段ならどんなに辛辣な言葉でけなされたとしても気にしないことにしている。

けれど昨日、記者の取材を受けたばかりで、隼人の番組が始まる直前のこのタイミングに「浮気」というワードを使われるなんて。

続きはこちら

★第4位
デート中の“スマホいじり”問題。彼に見えないところでLINEしたのに、何がダメだった?【A】

「泰輔さんのタイプは、どんな人ですか?」

麻里の隣に座る佐知江に話しかけられ、僕は素直に答える。

「可愛くて家庭的な人かなぁ?」
「そしたら、麻里がぴったりです!はい、そこ番号交換してください!」

半ば強引な佐知江の押しもあり、僕と麻里はすぐに番号を交換し、そして翌日僕の方から誘ってみた。

続きはこちら

★第5位
シバユカ:お食事会は無意味。婚活に励む丸の内OLが早々に見抜いた、男の本音と矛盾

丸の内OLは、出会いに困らない。

特に1年目はお食事会バブルらしく、安易にOKしていると毎日のように予定が埋まっていく。

しかしあるお食事会の席で、私は聞いてしまったのだ。

…丸の内OLを誘う男たちの本音と、そこに潜む矛盾を。

続きはこちら

東カデー詳細はこちら >

東京カレンダー 月刊誌詳細はこちら >



【東カレ読者アンケート実施中!】

アンケートに答えて、家でも最高のビールを愉しめる「神泡体感キット」をもらおう!
アンケートはコチラから!

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo