冷え切った体を極上の鳥鍋が温める!脱ありきたりな休日デートは水上バスで浅草へ!

浅草は遠い。普段、城南地区で遊んでいる大人たちにとって、浅草という街は物理的距離というハードルがある。しかし、そのハードルを逆手に取るのも一興!

東京随一のグルメがあることはわかっている!ならばその道中をいかに楽しむかがキーとなる。

そこで今回は船にゆられながら浅草へ向かうという水上バスデートプランを提案!とあるマンネリカップルの心情を元にストーリー形式で紹介する。

いつからか、週末のデートがありふれた日常になっていた。付き合いたての頃は、待ち合わせ直前に何回も鏡をみなおすような高揚感を覚えたものだ。

そして、彼が選んでくれるステキなお店で乾杯。シャンパンの美味しさが女心にしみた。そんな幸せにも慣れて早5年。

彼は変わらずいいお店に連れていってくれる。東京には名店が山ほどあるから、恋人だけど美食仲間みたいな関係にもなり最近は食べてばかり。贅沢なマンネリだ。

今年で私も33歳。友達の結婚報告がLINEでくる回数も増え、今日もまた〝おめでとう!〞を即レスすれば、否が応にも自分の将来も考える。

そんな私の気持ちをつゆ知らず、銀座で落ち合った彼は今日も爽やか。

「どこ行くの?」と聞くと、「とりあえずタクシーに乗ろう」とごまかされ、クルマは汐留方面に向かった。

浜離宮で停車すると、そのまま浜離宮入園!?

園内を10分ほど散歩し、辿り着いたのは、まさかの船着き場だった。

電車の切符を買うように、彼は浜離宮発、浅草行きの水上のバスチケットを買った。

“道灌(どうかん)”という名の1920年代のアメリカをイメージしてデザインした船。2階建ての後部にはデッキベンチもあり、3箇所の違った眺めを楽しむことができる


浅草って地下鉄で行くものだと思っていたから、水路というのが新鮮すぎる。

そもそも、浅草に行くこと自体が久しぶりだ。

2階建ての船内に入ると、意外や内装がクラシックで趣がある。

いよいよ出航し、すぐに東京タワーとレインボーブリッジが一度に見えて、はしゃぎながら写真を撮った。

5分後には勝どき橋をくぐる瞬間がやってきた。2階席のガラスの天窓越しに橋の裏側が見えて迫力満点だ。

グーグルマップを開けば現在地が川を北上していて、それも初めての体験。船はいくつもの橋をくぐり、日本橋浜町や両国を進んでいく。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo