浅草はむしろ、夜が凄い!この街のバーはド迫力夜景のこの3軒だけ知っていればいい!

運がよければ、窓の向こうに東京ディズニーランドの花火が小さく見えることも。白ワイン「萌黄」、「竹鶴」(各グラス¥864)

あの老舗の最上階に実は…。浅草随一の穴場バー
『Lounge Vista』

まだ時間が早いのに駅の方に足を向ければ、相手はきっと不服そうにするだろう。それを、うまく裏切ってくれる二軒目がある。

昭和4年創業、浅草駅のすぐ近く駒形橋のたもとに暖簾を構える『浅草むぎとろ』。むぎとろ懐石が名物の浅草を代表する老舗のひとつで、下町風情漂う店構えだ。そんな店に「もう一軒行こうか」と誘ったら、きっと相手は困惑するだろう。

今年から提供を開始したクラフトビール「TOKYO隅田川ブルーイング」¥972。都内で扱う店舗は限られる銘柄のため、これを目当てに訪れる人も

エレベーターで最上階までエスコートすれば、浅草寺を彷彿させる朱色の絨毯が敷かれたレトロなバーが現れる。カウンター席の窓枠が、これぞ浅草という景色を一枚の写真のように切り取る。

およそ10年前の建て替えの際に、食事をした客がそのままお酒を飲める場所を、という思いから誕生した意外に知られていない穴場バーといえる。

上品な漆椀で提供される名物の「揚げとろ(2個)」¥432。海苔を巻いて揚げた山芋を、出汁でいただく。上に添えた生姜がアクセントに

この空間で是非オーダーしたいのは「TOKYO隅田川ブルーイング」。「揚げとろ」などの名物も。「むぎとろ丼」や「とろろそば」(各¥756)で〆るのも粋だ。

江戸通り沿いに建つ『浅草むぎとろ 本店』のビル。外から見ても、最上階にバーがあるとは想像し難い

東カレアプリなら、電子書籍で読み放題!

週末デートに「浅草」という手があった!

プレミアムサービスなら、最新号も過去号(約10年分)も、電子書籍で読み放題!
レストラン検索機能もついて超便利!
アプリでのご利用はこちらから
※最新版のアプリをダウンロードしてください。

紙版をお求めの方はこちらから

※東京カレンダーは毎月21日頃の発売です。

※本記事に掲載されている価格は、原則として消費税抜きの表示であり、記事配信時点でのものです。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo