浅草なのに全国から通う人が続出! カウンター8席のみの最注目ビストロは何がスゴいのか!

数多ある飲食店の中でも、昨年から今年にかけて最も注目を集めたのが、こちらの『ペタンク』だ。

昨年4月のオープン以来、東京中の食い道楽たちが足を運んでいるという。

浅草の、しかも観音裏というエリアでありながら、いちやく超人気店となった、その秘密を知るために速水もこみさんが店に向かった。


気付いたら隣の人と仲良くなっている。この店にはそんな空気がある
『ペタンク』

賑やかな浅草の観光地から離れた浅草寺の裏手側、〝観音裏〞と呼ばれるエリアがいまアツい。もとは花街として栄え、そこに集まる芸者に合わせて、玄人好みな店が点在していた。

その流れを受け、近年は若き店主によるお洒落な店が急増。そして、観音裏ブームを爆発させたのがここ『ペタンク』だ。

界隈では珍しく、平日24時まで営業しているのも人気の理由

昨年4月にオープンした店は、たった8席のカウンターのみ。店主の山田氏は、西麻布の『ザ・ジョージアン・クラブ』、在ハンガリー日本大使館の公邸料理人、パリの『ズ・キッチン・ギャラリー』と、ユニークな経歴をもつ料理人。

店を〝マイクロビストロ〞と名付け、その心を「一切の堅苦しさを排除して、酒場感覚で気軽にワインと料理を楽しんでほしかった」と話す。

山田氏は音楽からサッカーまで、自然な合いの手を入れる聞き上手。そんな会話を求めて来店する人も多い

『ペタンク』には、そういった想いが詰まっており、大きな窓から店内を覗けば、誰もがフランクに垣根なく食事を楽しんでいる様子が見えてくる。

そんな話題のお店を速水さんはどう思うのだろうか。

ファッション関係者や食のプロも集い、港区や渋谷区から通うお客も多いとか

「ここのカウンターが特徴的ですね。ぎゅっとしているから、ひとりで来ている人も周りと会話が弾みそうです」というのが、『ペタンク』に入った速水さんの第一印象。

“ぎゅっと〟というのは的確で、8席のカウンターが埋まると、そこには妙な一体感が生まれる。

店奥のトイレに立つ際は、「すみませ~ん」と声をかけなければいけないほど、正直、狭い。

でもそのおかげで、客同士が自然と言葉を交わし始めるとか。不便さを分かち合うことが、逆に楽しくなる店だ。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo