先週のアクセスランキング!1位は「愛する夫の“身の潔白”を、信じたかったのに…。怪しい出張に尾行した妻が見た、悲し過ぎる光景」

「東京カレンダーWEB」の1週間分のランキングから、人気記事ベスト5をご紹介!

“尾行した妻が見た、悲し過ぎる光景”に“社会人デビュー男の凄まじい劣等感”から“デートの答えあわせ【Q】”まで。さて、栄えあるベスト1は?

★第1位
愛する夫の“身の潔白”を、信じたかったのに…。怪しい出張に尾行した妻が見た、悲し過ぎる光景

土曜日の夕方。あゆみが帰宅すると、部屋の奥から樹の声がした。珍しく家にいるようだ。土曜日の夜は大抵、友人と食事か仕事と言って、家にいないのに。

—明日から、浮気相手と会えるから…?

そう思うと、怒りが静かに込み上げて来る。冷静を装いながらリビングを見ると、何か違和感を覚えた。

続きはこちら

★第2位
既婚男は、自惚れている?35歳のハイスペ夫が“オジサン”を意識した瞬間

「吾郎先生、ランチ奢ってください」

PCから顔を上げると、ナオミが有無を言わさぬ威圧感を放って吾郎を見下ろしていた。きっぱりと言い放った彼女の声はオフィス内にも響いており、逃れ難い状況だ。

「......お、おぅ」

焦って松田の席を振り返り助けを求めると、奴は涼しげな顔で「いいから行ってこい」とでも言うように軽く目配せをしている。

続きはこちら

★第3位
「所詮、年収がモノを言う」新卒1年目で知る、外銀男の快楽。社会人デビュー男の凄まじい劣等感

学生時代もそれなりに楽しかったが、多分サトシほど謳歌はしていない。地味に毎日バイトもしていたし、付き合っていた彼女・里穂も皆から羨ましがられるような美女でもなかった。

「龍太ってさ、優しいけど何か違うんだよね……」

そんなセリフと共に里穂に振られてから、約1年後。就職活動を経て今の会社に内定が決まった途端、里穂から「ヨリを戻したい」と言われた時から、僕の中で何かが変わり始めた気がする。

続きはこちら

★第4位
パーフェクト・カップル:「完璧に演じよう」と互いに約束し、世間を欺く“理想の夫婦”

―私、嫉妬してる。隼人が守ろうとしている女の子に。

結婚してからも「親友」。子供が生まれてからは「両親」としての絆が深まった実感はあっても、自分が「女」としての感情をこんな形で隼人に抱く日が来るとは思わなかった。

困惑した気持ちをごまかしたくてワイングラスを手に取ると、私の携帯がなった。着信画面の名前は、さっき帰った社長。もう、悪い予感しかしなかった。

続きはこちら

★第5位
草食男子の正しい落とし方。女からの誘いに乗り気だった男が冷たくなったワケ:デートの答えあわせ【Q】

最近、女性の方が積極的で男性は受け身だという話はよく聞くが、彼もまさかのこのパターンか。

誘うより誘われる方が当然好きだ。でも、もうすぐ30歳。悠長なことを言っている暇はない。彼が草食系だと言うなら尚更、こちらからアクションを起こすことが必要だ。連絡先を交換した後、私は自分から悠太さんにLINEを送った。

—昨日はありがとうございました!もしよければ、今度お食事に行きませんか?
—こちらこそ昨日はありがとう!再来週末あたりはどう?

続きはこちら

東カデー詳細はこちら >

東京カレンダー 月刊誌詳細はこちら >

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo