女子はコレ絶対大好き!ふわっふわ、とろ~り絶品オムレツ6選

女性が喜ぶメニューには、味はもちろん、ビジュアルも大切!

見た目も美しくふわふわとろ~り食感のオムレツは、女子が好きな要素がつまったテッパンメニュー!

前.香るソースが卵と好相性の「スフレオムレツ ポルチーニとトリュフのクリームソース」。奥.ハーブなどでマリネしたマグロが美味しい「熟成マグロとアボカドのタルタル」。季節などによりメニューは異なる。写真は一例

『ビストロチック』のスフレオムレツ

2015年秋にオープンした『ビストロチック』は、“ニューヨークでフランス人が営むビストロ”がコンセプト。

「鴨胸肉のポワレ ペリグーソース」など王道ビストロメニューはもちろんだが「〆にパスタが食べたい」という欲望もかなえられる。

トリュフが香る名物のスフレオムレツは必ず注文したい一品。

内観

ナチュラルなものから国産、ハイレンジまでそろったワインもお楽しみだ。

「グリュイエールチーズ入りスフレオムレツ」

『アトリエ・ド・アイ』のチーズオムレツ

このビジュアル。熱々、フワフワでトロ~ッ。

「グリュイエールチーズ入りスフレオムレツ」は卵を角が立つほど泡立てて焼く。

右.数種の肉をブロシェットにしたクスクスロワイヤル(2人前)。仔羊、鶏、手作りチョリソー入り。 左上.太田圭二シェフのほのぼのとした人柄が優しい味を生む。 左下.太田圭二シェフ

その手の本家ともいえるのがフランス、モンサンミッシェルの修道院そばにある『ラ・メール・プラール』の巨大オムレツである。

世界遺産と並び称される名物料理は記念撮影をして1回食べたら気が済んでしまう。

が、こちらのオムレツはむしろ、食べたが最後、常に頭から離れず、また注文するために店を訪れてしまうほど常習性がある。

オムレツだけではない。北海道産の仔羊という高級食材を使用するクスクスにしろ、フレンチ・ラヴァーを熱く興奮させる料理が多すぎるのだ、この店は。

ずっと高級フレンチをやってきた市川知志オーナーシェフが本丸の『シェ・トモ』を白金のこの場所から銀座に移し、跡地をこのビストロに変え、太田圭二さんをシェフに据えた。

太田さんが心懸けるは本場そのものというよりは、日本人が食べやすい味。

また、内装はオーストラリアの線路の枕木だった古材を使うなどして、夜に相応しいムードに。よりワインが美味しく飲める環境になっているというわけだ。

大人がビストロに求めるものが、すべてこの店にはある。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo