東京就活事情 Vol.2

100人のOBに会った商社マン。何の取り柄もない男が、モテる企業トップクラスの内定を掴んだ秘訣

就職活動は、今や「売り手市場」と言われ、かつての就職氷河期などどこ吹く風。

しかし、時代を問わず“狭き門”とされる企業は常に存在し、選ばれし者だけが生き残るのが現実だ。

そして「就活の頂点」を目指す若者たちは皆、こう信じている。

—就職で、すべての人生が決まる。

本連載で紹介するのは、内定のためなら手段を選ばない数々の猛者たち。彼らが語る、驚くべき就活のリアルとは?

先週は、就活のために整形した外銀女子が登場。さて、今週はどんな猛者が?


【今週の就活男子】

・名前:直也(27歳)
・現在の勤務先:総合商社 食料部門
・出身大学:一橋大学 商学部
・就活時の内定企業:五大総合商社中 2社


「今週、毎日飲み会だったんですよ。正直、胃もお金もきついっす。ま、今日もこの後食事会なんすけど」

そう言いながら『モントーク』に現れた直也。仕事も遊びも多忙な彼は、食事会までの間の1時間限定で話を聞かせてくれた。

上質な白のシャツに紺のパンツ。その上にモンクレールのダウンを羽織り、髪の毛はワックスでビシッと固めて横に流している。

シャツがやけにタイトなのは、鍛えている筋肉をアピールするための、敢えてのチョイスだろう。

きっと、アメフト部あたり出身の体育会採用だろうと思っていると、彼は意外なことを口にした。

「体育会?いえいえ、全く違います。僕は、“ネタ系”採用ですよ」

ネタ系採用。その聞き慣れない単語に戸惑っていると、直也は笑いながら、内定までの道のりを話し始めた。

「僕、100人にOB訪問したんです。…いや、OB達と酒を酌み交わした、と言った方が正しいかもしれません」

【東京就活事情】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo