恵比寿女子ならもう全部行った?いま人気爆発中の恵比寿の新店4選!

恵比寿は昨年、女子受け抜群なレストランのオープンラッシュだった。そんな最旬の4店には、もう足を運んだだろうか?

男性は自分の行きつけのレストランを作って通いたがるけれど、一方で女性は感度の高い新店をどんどん開拓していきたい!と思うもの。

インスタ映えするメニューから、雰囲気抜群の空間、看板のない隠れ家まで、「いち早くここに行っていたら自慢できる!」という今いくべき恵比寿の新店をご紹介。

塩へのこだわりを強く感じる料理のひとつ「天然の真鯛の冷製カッペリーニ」はコースの一番最初に登場する

一口パスタに感動!恵比寿で今行くべきフォトジェニイタリアン『セルサルサーレ』

女子がレストランを選ぶ時に重視するのは、インスタ映えはもちろんのこと、やっぱり味とコスパ。そんな女子のワガママを叶えてくれる店が、恵比寿で注目のイタリアン、『セルサルサーレ』。

店名『セルサルサーレ(Sel Sal Sale)』は全て塩を意味する単語を繋げたもので、濱口氏の塩へのこだわりと愛情を示す。

月替わりのコースはワンコースのみで価格は5,500円というお得さも魅力のひとつ。(今回のコースも月ごとに替わるメニューの一例)

「カリフラワーソースと生うにの冷製カッペリーニ」。ひと口で完結する様は「鮨」とも似た感覚。食材、パスタ、ソースが全て口へと運ばれ、一瞬で完結する今までにない一品といえるだろう

コースの最初に提供されるのは「天然の真鯛の冷製カッペリーニ」。店で最初に口にする料理にスペシャリテである冷製カッペリーニを、一口サイズに配するプレゼンテーションがニクイ。

長崎県産の鯛に塩をふり、鯛のエキスを塩の浸透圧の力を使って抽出するのがポイント。そのエキスとゆであげたカッペリーニを何度もかき混ぜてパスタの小麦の成分が溶け出し、とろみが出る。

そこへトマトの透明なエキスを入れ、さっぱりと仕上げ、塩分は最後に0.1gほど一番神経をつかって追加する。その美味しさに「もう1本食べたい」と誰もが思うハズ。

「お任せコース」(1名5,500円~)※予約は2名から受付

極上スペシャリテでスタートを切ったコースの2品目は「季節のビシソワーズ」。一見何の変哲も無いじゃがいもの冷製スープのようであるが、やはりしっかりと小技を効かせてくれている。

提供される時「季節のフルーツを混ぜています。何か当ててみて下さい」とスタッフから突然クイズが出されるのも一興。テーブル内での会話はもちろん、スタッフとの会話も生まれ、初訪問の緊張感もここですっかりほぐれてしまう。

そして、「あの冷製カッペリーニ、もう1本食べたいな……」という心の声が聞こえたかのようなタイミングで、もう一口出てくるのがうれしい!

今度は「カリフラワーソースと生うにの冷製カッペリーニ」の組み合わせで。あのパスタの感動を、今度は違った味わいで楽しめると思うと、自然と心が弾む。

「フォアグラのブリュレ」。フォアグラもパンも甘めの味付けであるが、パンにはエスプレッソの粉を練り込み、フォアグラは表面を焼き、それぞれに苦みもプラス。濱口氏が独自に配合したフォアグラ用の塩を使用

「北海道苫小牧産のフォルスタインのロースト」。最後は、やはりイタリア料理らしさも演出したいと、シンプルに食材の味を楽しめる料理を提供することが多いという。インカのめざめを燻したマッシュポテトやグラダパダーノも美味

調理風景から盛りつけまで全てオープンなカウンターキッチンもこだわりのひとつ

シンプルな美味しさの上に、フレッシュな感動をプラスしてくれる濱口氏。

一度訪れ、この美味しさを知ってしまったが最後、誰かにこの感動を伝えずにはいられない。

テーブル席も備え、ワイワイと気の知れた仲間通しで楽しむのにも最適

そんな名店『セルサルサーレ』は、2017年春に三宿から恵比寿に移転し、さらに通いやすさがアップ!予約困難になる前に押さえておきたい優秀店だ。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo