残念極まる男 Vol.4

ニューヨーク留学を終えた、東大卒の一流弁護士。国際派エリート男の“残念極まる”欠点とは?

一流の仕事につき、高い年収を稼ぐ東京の男たち。

世の中の大半の女性が結婚を夢見る、いわゆる“アッパー層”と呼ばれる人種である。

しかしその中でも、ハイスペであるが故に決定的に“残念な欠点”を持つ男、というのが存在するのだ。

元彼を35歳の美女・恭子にとられて傷心中の瑠璃子は、ハイスペ男との出会いを積極的に繰り返すが、なぜか残念男たちを次々引き寄せてしまう。

瑠璃子が出会う、“残念極まる男”たち。あなたも、出会ったことはないだろうか?

前回は、結婚したいがあまり見境をなくしている専門商社3代目・ケンジに出会ってしまった瑠璃子。さて、今週は…?


「瑠璃子、最近食事会にも積極的に行ってるらしいけど、いい出会いはあった?」

同僚の女性陣と『ウマミバーガー』でランチをしているとき、理奈が瑠璃子に向かって問いかけた。

「それが…出会いはあるんですけど、皆、ハイスペなのにどこか決定的な欠点があって」

瑠璃子は、これま......


【残念極まる男】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo