恋の大三角形 Vol.12

恋の大三角形:「結婚したい」と言いながら結婚向きの男には惹かれない、女の矛盾

私たちは、まだ繋がっている…?


恵比寿の自宅に戻った私は、ソファに腰をおろしたが最後、身体中の力が抜けて動けなくなってしまった。

飲みすぎたのもあるが、「私、洋平と別れたんだ」と思い出すたび鉛を飲み込んでしまったかのように胃のあたりが重くなる。

会社にいるときは仕事で、優奈とシバユカと一緒にいるときは賑やかな笑い声で、随分気を紛らわせることができていたのだろう。

たった一人で静まり返った家にいると、息苦しくなるほど押し寄せてくる虚しさ。「絶望」とは、まさに今私を包んでいる感情を言うに違いなかった。

ぼんやり見つめる視線の先、リビングテーブルの上には、洋平がプレゼントしてくれたティファニー T のブレスが置いてある。

去年…29歳のお誕生日に、彼が私に買ってくれたもの。

そう、私と洋平が過ごしてきた2年間は、本当はたくさんの笑顔で溢れていたはずなのだ。


−もうこれで終わりなんて、嫌…

往生際が悪いのは、承知している。それでも私は、後悔することをやめられなかった。

何より感情的になって、「さよなら」も「今までありがとう」も告げずに家を飛び出してきたことが悔やまれる。最後に見た洋平の顔も、最後に見せた私の顔も、苦しく歪んでい......


【恋の大三角形】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo