お金はあっても、いい店は知らない! そんなあなたに捧ぐ銀座のど真ん中で行きつけにしたいビストロ3選

ひとりでじっくりと、美味なる時間を堪能
『佛蘭西料理 銀座 誠』

いかにも銀座、な華やかな大通りの店だけがこの街の魅力にあらず。意外な場所に潜む、知る人ぞ知る名店を攻略してこそ、男の偏差値が高まる。

そんなスポットが、ここ『佛蘭西料理 銀座 誠』だ。

銀座の路地奥という佇まいからしてお忍び感満載。「ここでは、自分のやりたいように料理を作っています」とは、店主の栗原 誠氏。

あの『アピシウス』で19年修業を積んだ大ベテランだ。

「ヴァンデ産ウズラのリー・ド・ヴォー詰めロースト ペリグルディーヌ・ロッシーニ風」¥3,400。ソテーしたフォアグラをのせ、トリュフ入りの芳醇なソースを添えるスタイルがロッシーニ風

なるほど、手書きの黒板メニューには「ヴァンデ産ウズラのリードヴォー詰めロースト ペリグルディーヌ・ロッシーニ風」のようなクラシックな味わいのひと皿もあれば、〆には炊きたての土鍋ごはんで卵かけごはんをどうぞというフレキシブルさ。

こうしたフットワークの軽さも魅力のひとつ。

グランメゾン譲りの王道フレンチに舌鼓を打つもよし、ワインバー使いで立ち寄るもよし。ここを使いこなせればかなりの上級者だ。

「秋のショーソン」¥3,300は、野生のきのこ、フォアグラ、栗のパイ包み焼き。サクサクのパイが美味

ここではカウンターが特等席

今日は思いっきり笑いたい。そんな日に!
『Vinpicoeur』

カウンターの醍醐味は、お店の人や隣席との距離が近いこと。今日はワインを片手に楽しく飲みたい。そんな日は、ぜひ銀座4丁目の『Vinpicoeur』へ。

こちらは、酒屋の2階に潜む、珍しいフレンチ串焼きのお店。あのオザミグループの一員と聞けば、それだけで太鼓判を押したくなるはずだ。

カウンターに陣取れば、目の前には、豚の半身が吊るされており、大迫力。この吉田豚は屠殺後、4日ほど置いて、アミノ酸が増えた段階で使用。串では、フォアグラや穴子、豚の内臓などがそろう。

人気のカウンターの他、4人掛けのテーブルがひとつ。テーブル上にはゲランド塩や粒マスタード、レフォールなどが薬味として置かれている。

「吉田豚の骨付きロース350g」¥1,750はキメ細やかな肉質を楽しもう。脂の美味しさも抜群

目の前で焼き上げられていく様子は、臨場感たっぷり。その他、ワインに合わせたい一品料理が多数。ヴァンナチュールを取りそろえ、グラスで¥700からとコスパも良し。

来店者の9割が常連になるという居心地の良さは、笑顔が絶えない接客に理由あり。誰かを連れてきたくなる、アットホームな雰囲気は、銀座において貴重な存在だ。

人気の串は、左から「吉田豚の肩ロース」¥380、「国産穴子」¥500、「フォアグラ」¥1,200

入口そばのカウンターなら、目の前にはこんな光景が

東カレアプリなら、電子書籍で読み放題!

脱シニア!私たち世代がリアルに使える銀座だけ掲載!

プレミアムサービスなら、最新号も過去号(約10年分)も、電子書籍で読み放題!
レストラン検索機能もついて超便利!
アプリでのご利用はこちらから
※最新版のアプリをダウンロードしてください。

紙版をお求めの方はこちらから

※東京カレンダーは毎月21日頃の発売です。

※本記事に掲載されている価格は、原則として消費税抜きの表示であり、記事配信時点でのものです。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo