寒い今こそ旬の牡蠣グルメ!怒涛の年末特集11選!

  • コースのメイン!「活け牡蠣食べ比べ」。早川氏が毎日築地に通い、状態のよい牡蠣を見極め仕入れるという活け牡蠣は、身が大きくプリプリで、産地毎に味わいの違いが楽しめる

  • やや甘口で人気のロゼシャンパンはグラス1杯480円、薫り高いカバなら440円。計7種類のラインアップが半額で飲める

  • 本日の牡蠣メニューは、仕入れ状況により異なるが1個480円くらいから食べられる(値段は時価)。牡蠣は岩牡蠣も入荷中!

  • 「今夜のおすすめ食べ比べセット Aセット」(1人前1,300円)と「今夜のおすすめ食べ比べセット Bセット」(1,100円)※内容は日により異なり、内容により価格の変動あり

  • 「殻付き牡蠣の白ワイン蒸し」(1,480円)

  • 大きな殻に詰まったぷりっぷりの身!この日の牡蠣は厚岸産

  • 客の半数は女性客だというから驚き

  • 『楸』のディナーコースは、主菜とお食事は好きなものを選べるスタイルである。「牡蠣入り黒いカレーライス」(1,700円)はコクがあり絶品。「活き岩牡蠣のしゃぶしゃぶ」(2人前 2,500円)もおすすめ

  • こんなに牡蠣がてんこ盛り!「もっと牡蠣とクレソン」(2,450円)※「ナンプラー卵」はプラス150円でトッピング可能

  • 見たら絶対に「ココ、食べに行きたい!」と歓声が上がるに違いない。牡蠣が好きなら絶対におさえておきたい店が恵比寿の『sync』だ

  • 「EMIT FISHBAR 特製 魚介盛り合わせ3人前」(3,980円・税別)。あるだけでテーブルがパッと華やかに!これはインスタ映えしそう。2人前は2,680円(税別)、一人前は1,580円(税別)

  • カウンター席の目の前には新鮮なオイスターやシーフードがずらり

  • 様々な種類の生牡蠣を24個盛り合せた圧巻の「OYSTER PLATTER(オイスタープラッター)」

  • 「Grilled Oysters(焼牡蠣各種)」(各290円~/1個)

  • 新鮮な厚岸産牡蠣

  • 「焼きカキ」(1,450円)。焼いても身が縮まない、身の締まった真っ白な牡蠣が焼きにむいているそう

  • 「かき船」。牡蠣料理の提供を「かき船」からスタートした『かなわ』の歴史からその名が付いた名物料理のひとつである

  • 「生牡蠣食べ比べ」(産地、価格は仕入れによって異なる)

  • 「北海道・まるえもん」味わいはさっぱりしているが、そのあとに続く深いコクの旨味が他の牡蠣とは少し違う

  • 大人が肩肘張らずに上質な食事やお酒を楽しめる、本場NYさながらの雰囲気を体験して

  • 「オイスタープラッター」(8P 3,800円 16P 7,400円 24P 9,800円)

もどる
すすむ

1/29

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo