恋の大三角形 Vol.6

恋の大三角形:付き合った年月など無関係。プロポーズは待つのではなく、させるもの!?

洋平の言い分


「繭子、落ち着いて。とりあえずここは寒いから、家に入ろう。繭ちゃん薄着で、風邪ひいちゃうと困る」

洋平は、いるはずのない私が家で待ち伏せていたのにも関わらず、問い詰めることも責めることもしない。

取り乱す私とは対照的にゆっくりとした口調で肩を抱き寄せると、オートロックの扉を開けて中へと誘うのだった。


「繭子が誤解しているようなことは、何もないよ」

何度も来ている部屋なのに、見ず知らずの他人の家にいるような居心地の悪さ。

私は無計画に吐き出してしまった感情をどう収めて良いかわからず、ただひたすら黙りこくっていた。

洋平は肩を抱いたまま、黒い布張りのソファに腰を下ろ......


【恋の大三角形】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo