西麻布の住宅街にひっそりと!港区を知り尽くした紳士は「会員制」バーでワインを飲む

港区の第一線はもう退いた…そんなちょっとしたリタイア感が女子たちの警戒心を解く。

港区を知り尽くした紳士たちが「会員制」バーへ誘い出せば、そのエクスクルーシブな空間に彼女たちはたちまち落ちる。

他の男がギラギラ頑張っているのを横目に、さらりと余裕を見せたいそんなとき、『Bar Corvinus 02』が最適だ。

地下のVIPルームは、アンティークのソファや照明が落ち着きを醸し、ギラついていないのが逆に港区女子から好評だとか。

地下のみ会員限定。その選民感が心地いい…
『Bar Corvinus 02』

派手でなくてもいい、目立たなくてもいい。だが、自分たちの扱いは特別でありたい。この店の地下には、会員のみが使用できるVIPルームがある。

1Fはビジターでも使用可能だが、地下は選ばれた者のみの秘密空間。選民意識をくすぐるこの仕掛けが、優越感を刺激する。

共同経営者がIT企業役員ということもあり、アプリというツールを最大限活用するアイディアが満載

場所は、西麻布の星条旗通りと並行する細い裏道。全面ガラス張りの店内から漏れる幻想的な光が道路を照らす。ここは、「スマホアプリ×ワインバーがコンセプト」というバー。

会員になるための条件は、ワイン情報検索アプリ「winebook」の会員になること。アプリ登録後の初来店時には、IDが記載されたカードを発行。以降、これがキーとなる。

ちなみに、メンバーがこの店で飲んだワインはすべてタグ付けされ、身のワインアーカイブとしてアプリから閲覧できるとか。

1Fのカウンター席は、ビジターのみの利用が可能

ここだけの話、会員になればテタンジェもオーパスワンも、西麻布とは思えない価格で楽しめる。その価値を理解出来る、港区を知り尽くした者こそが会員に名を連ねるという。

同じ酒を楽しむのでも、ワンランク上の賢い選択をする。これが彼らの生き様なのだ。

本日発売の月刊誌「東京カレンダー1月号」は一冊すべて、港区特集!

「港区」を恐れるな!「港区」に飛び込んでこそ、東京が分かる!

夜遊びの頂点「港区」で繰り広げられているすべてが、最新号「東京カレンダー1月号」に!

【月刊誌のお求めは・・・】
・最新号をすぐに手に入れたい方はこちらからお求めください!
・大好評!「定期購読プラン」がとにかくオススメ!
雑誌とデジタル版の両方が楽しめて、なんと最大半額!!あなたも、定期購読で『東京コンプリート』を目指そう!

※リンクはFujisan.co.jpに移動します。
※東京カレンダーは毎月21日頃の発売です。今月は11/21(火)!

クリ2DY詳細はこちら >

東京カレンダー 月刊誌詳細はこちら >

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo