吉岡里帆を西麻布で引っ張りまわしたら、可愛すぎて死んだ。

2017年に大躍進、今、最も注目すべき女優といえば吉岡里帆だろう。彼女が持つ、奔放かつ小悪魔的なイメージからか、港区の夜を優雅に渡り歩く「港区女子」を地で行く女性だと思っていた。

が、インタビューを進めていくと「夜の港区の街は異国のよう」とイメージとは真逆の発言が出てきた!酸いも甘いも知った大人の女性の余裕からくる発言なのか?はたまたコレが素の彼女なのか?インタビューで、その真意に迫った!


「東京の大人の仲間入りをした気分です」

「うわぁ、西麻布でディナーなんて初めてです!」と吉岡里帆さんの声は1オクターブ上がった。

日清のどん兵衛のテレビコマーシャルで星野源さんと向かい合う、キツネの耳を付けたかわいい女性。こう書けば、あのコが吉岡さんかとピンとくるはずだ。

星野源さんつながりで言えば、吉岡さんは2018年1月よりTBS火曜日22時のいわゆる〝逃げ恥〞枠のドラマ『きみが心に棲みついた』で連続ドラマ初主演を務めることが決まった。テレビCMへの出演が多いことも含め、〝若手女優注目度ナンバーワン〞の声も上がっている。

そんな彼女の労をねぎらい、東京カレンダー編集部は11月21日発売号『港区の優越』特集にちなんで西麻布へお招きした。

吉岡さん、西麻布や六本木の思い出って何かあります?

「京都から2年前に上京したんですが、上京したその日に麻布十番にある事務所を訪ねました。その時の服装がジャージとスヌーピーのTシャツで……、お洒落な女性のマネージャーさんに〝その格好で六本木から歩いてきたの!?〞って驚かれて、いまでもよくイジられます(笑)」

六本木をジャージで歩くなんて、一部の男性ファンを悶絶させるかわいいエピソードだ。18歳の時に小劇場で観た舞台に衝撃を受け、学生時代は京都の小劇場の舞台に立った吉岡さんは、アイドル出身の女優とは雰囲気がひと味違う。

下北沢や高円寺で見かける、役者バカ系の女優なのだ。役者バカというのは、もちろんホメ言葉。

「でも、J-WAVEでラジオ番組をやっているので、昼間の六本木はよく歩いているんですよ」と吉岡さんは胸を張ったが、じゃあ六本木のどこで遊んでいるのかを問えば、返ってきた答えは「う〜ん、本屋さんとか……」。

このエピソードで、再び男性ファンが悶絶したのは間違いない。

「夜の西麻布とか六本木は、私とは住む世界が違いすぎて、事務所が港区にあるといっても馴染がないというか、文化の違う異国という感じです」

京都で過ごした学生時代には、演劇のレッスンに通う費用を工面するために、大津プリンスホテルでのアルバイトも経験したという。

「配膳とかクローク係だったので、レストランに行くとスタッフ側の気持ちも少しわかるんです。だから今日のお店では、お皿を出してもらうベストなタイミングなどに感動しました」

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo