神楽坂の隠れ家へ… Vol.6

神楽坂のプライベートレストランへ!ビルの4階の隠れ家へご案内!

女性や大事な相手を連れていく場として「神楽坂」を選んだならば、やはり「こんなところ知っているなんて、さすが!」という言葉を期待したいところ。

そして「神楽坂」で隠れ家和食では当たり前すぎる。さてどこへ行こうかと悩んだ時に最適のプライベートレストラン『ディリット』を紹介しよう。

エレベーターを降りると、出迎えるのはガラスの扉

神楽坂を制するならば抑えておきたい名店

「こんな店知ってるなんてすごい!」とサプライズと称賛をきっと得られる名店が、イタリアンレストラン『ディリット』だ。

神楽坂上の交差点からすぐのビルの4階にあり、女性とのデートならば、牛込神楽坂駅で待ち合わせれば早稲田通りの坂道を歩いてもらう必要なく、徒歩数分で辿り付ける。

上着などはこのスペースで預けてから店内へ

2つの扉を開けて辿り付くプライベート空間

ビルのエレベーターを降り、最初に目に入るのは看板とガラスの扉。この扉を開けてもまだ客席は見えてこない。奥に見える赤い扉が客席へ続く扉である。

この特徴的なエントランスは、大切な相手との会食利用の多い街・「神楽坂」という場所への配慮から生まれたものである。

赤い扉を開くと10席のみのプライベートレストランが目の前に

例えば、相手よりも先に到着した際にこの空間で待っていることができたり、お客様や女性に気づかれずに会計を済ませられたり……。

オーナーシェフの坂内氏によって、配慮しつくされたスペースなのである。

全10席。限られた席数だからこそ1人1人に最高のサービスを届けることができる※完全予約制、予約は2名から可能

シェフに全てを委ねる贅沢で美味しい時間が始まる

エントランスを抜け、席に通されたら後は好みのワインをオーダーするだけ。料理はおまかせコースに身を委ねればいい。ワインのセレクトは、料理とのペアリングコース(4,500円~)がおすすめ。

イタリアンの名店『アロマフレスカグループ』で6年間修業を積んだ坂内シェフが『ディリット』をオープンしたのは2004年のこと。

はじめは渋谷区幡ヶ谷に店を構え、5年前に神楽坂へと移転。独立した当初から「いつかは神楽坂へ」という想いがあったという。

おまかせコースの一例(9,000円税込・サービス料別、+席料300円)

神楽坂に移転後は、ワンコースのみの提供へと切り替え、さらに洗練された料理とサービスを提供している。

雰囲気は抜群!そして味も最高なのだから、一度きたらまた何度も扉を開きたくなる店なのだ。

【神楽坂の隠れ家へ…】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo