神楽坂の隠れ家へ… Vol.5

神楽坂は高くて量が少ない和食ばかりじゃない!豪快で絶品の大人酒場はここ!

「海老芋の土佐揚げ出し」(750円)。今が旬の海老芋を、鰹節を煎って粉状にしたものを衣にして揚げており、ほっくりと柔らかな海老芋の食感を引き立ててくれている

季節毎に表情を変えていく。旬の料理がとにかく絶品

定番料理も豊富な上、季節によって表情を変えていくお品書き。今回は、旬の料理からも「栗の唐揚げ」と「海老芋の土佐揚げ出し」をオーダー。

「栗の唐揚げ」(750円)宇和島産の栗を使用。栗を一度出汁で炊きあげて味をしみ込ませた後に揚げるため、ほっくりと柔らかく、深い味わいを楽しめる

他にも、唐揚げや照り焼き、たたきで味わえる「うつぼ」(1,400円)や、「丹波黒大豆の塩茹で」(650円)など、酒飲み心をくすぐる品が揃う。

カウンター席

神楽坂のグルメな紳士淑女に愛される『季彩や ひで』。真摯な姿勢で、食材に対して、最適の味付けを心がけている大西さん。

店内奥にはテーブル席も備える

彼が作り出す料理は、来る人の心までも温めてくれる愛情の詰まった品ばかり。

肩肘張らずに和食を楽しみたい夜は、『季彩や ひで』を訪れてみてはいかがだろう。

【神楽坂の隠れ家へ…】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo