先週のアクセスランキング!1位は、アモーレの反乱:「僕の金が必要なくなったのか?」年下妻に捨てられ、夫の本音が爆発

「東京カレンダーWEB」の1週間分のランキングから、人気記事ベスト5をご紹介!

“アモーレの反乱”に“エリート亮介の嫁探し”から““結婚願望のない男”を攻略した女の誤算”まで。さて、栄えあるベスト1は?

★第1位
アモーレの反乱:「僕の金が必要なくなったのか?」年下妻に捨てられ、夫の本音が爆発

ほんと矛盾してるな、私。
そんなことを思いながら、シンクを磨き上げたあと、料理教室の鍵を閉め外に出た。冷たい風を感じて、手に持っていたストールを首元に巻きながら歩きだした。すると…

「利奈」
その声に、一瞬で体が凍りつく。ここにいるはずのない人の声。

「利奈」
もう一度呼ばれ、ぎゅっと目を閉じ振り返る。目を開けると夫がいた。

続きはこちら

★第2位
店選びで女が見ている点。女が男に求める気遣いと、欲する一言とは:デートの答えあわせ【A】

年齢を聞くと33歳、結婚適齢期。何も悪いところがない。

「今度ご飯でも行かない?」

だから正樹さんに誘われた時、私は喜んでその誘いに乗った。

もう遊ぶのは飽きた。そろそろ落ち着きたい。そう思っていた矢先のこの出会いに、私は期待していた。

しかし良い年して独身でいる男性は“何かしらの難がある”ということを、改めて思い知るデートとなってしまった。

続きはこちら

★第3位
エリート亮介の嫁探し:東京の婚活市場は、策士だらけ?エリート男が見破れなかった、“遊んでなさそう”な女の本性

ーせっかく小細工までしたのに…バカみたい。

香奈は、亮介に嘘はついていない。豪華なパーティーは苦手だし、お婆ちゃん子なのも本当だ。ただちょっと、二人になるチャンスを狙ったり、ポーチをこれ見よがしに落としてみただけで。

―こんなことで落ちるなんて、亮介君はちょっとウブすぎるかな?
そんなことを思いながら、香奈は亮介を頭の中で彼氏候補から外し、その日のデートは適当に終わらせることにした。

続きはこちら

★第4位
新婚クライシス:独身時代と、何も変わらぬ夫婦生活。“結婚願望のない男”を攻略した女の誤算

―別に、文句なんかない。変なこと考えたらダメよ...。結婚したくなかった吾郎くんが、私と結婚してくれたんだから...。

英里はしばしば、そう自分に言い聞かせることがある。

凡人の倍速で生活する吾郎を見ていると、何となく引け目を感じ、自分が妻ではなく、まるで居候にでもなったような気持ちになるからだ。

だからせめて、家事を一生懸命にこなすくらいしか、自分の存在意義はないのだ。

続きはこちら

★第5位
東京シンデレラ:東京でちょっとキラキラな生活してるだけ。自分が何者でもないと知り始めた25歳

もうそろそろ、若さでは勝負できなくなる。今のうちに結婚相手を見つけておかないと、永遠に幸せの階段は登れない。そんな目に見えない焦りと恐怖を抱いていた。

「25歳って、色んな意味で勝負の歳だよね。」

六本木のけやき坂のイルミネーションを見ながら、隣にいる真理亜がそっと呟いた一言。

この言葉が、私の耳には未だに残っている。

続きはこちら

東カデー詳細はこちら >

東京カレンダー 月刊誌詳細はこちら >

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo