恵比寿でしっぽりできる和酒場はここ!大人がくつろげる名店5選

生本まぐろ、時しらず、真子かれい、八角 ※メニューは旬により変化する

日本酒デートもOK!『恵比寿それがし』

恵比寿西の五差路の先に、大きなそれがしマークの入った幕が目に入る。

ふらっと立ち寄りたくなるようなカジュアルさと清潔感を感じる店内は、とても居心地が良い。

ほどよく暗い照明と活気あふれるテーブル席は、カジュアルなデートにもピッタリだ。

日本酒のアテにも〆にもなる万能な定番メニューの「炙り〆鯖の棒寿司」

〆には人気の「炙り〆鯖の棒寿司」がおススメだ。炙りの香ばしさ、脂の甘みが自家製の〆鯖の酸味とよく合う。

その他、日本酒を飲み進めてくれる惣菜や酒肴の品々は、「海老ねぎ豆腐」や「三代目ポテトサラダ」などの人気メニューが揃うラインナップ。

どれも料理人が手間隙を惜しまずに丁寧に仕込んでいる。

「三代目ポテトサラダ」。酒盗ドレッシングがたまらない!

心地よい活気に溢れ、つい長居をしてしまう寛げる店内。奥には半個室がある

日本酒は常時50銘柄以上を揃え、グラス500円~とリーズナブルに楽しめる

魚介と相性ピッタリの日本酒ばかりを厳選しているから、どんどん酒が進む!

中には店オリジナルの日本酒もあり、「英雄」は、埼玉県の釜屋が醸すにごり。アルコール度数11度と控えめなので、お酒が弱い方にも。

恵比寿という街の魅力と、それがしのスタイリッシュに日本酒を楽しむ雰囲気は、普段から通う常連が多いのも納得だ。

大人数で皿を囲めば会話も弾む

楽しい時間のための美しい“大皿料理” 『雨後晴』

“同じ釜の飯を食う”という諺があるが、本来の意味はさておき、文字通りにその意味を捉えるのなら、大皿料理は宴席にとても適した食事といえるだろう。

恵比寿駅西口から徒歩5分の場所に店を構える『雨後晴』は、旬の魚や野菜を、大皿料理で気軽に楽しめる和食店だ。

右.穴子と春野菜の玉子とじ¥1,260(1人前)。鍋のふたを開けると山椒の香りが立ち上る 左.金目鯛の煮付け¥3,675。見た目も豪快なひと皿

「食事をともにするということは、同じ時間を共有すること。ひとつの皿から料理を取り分ける大皿料理なら、その意味合いはさらに濃くなると思うんです」と店主の村上宗氏は言う。

『雨後晴』のメニューの大半を占めているのは、静岡の沼津、富山の新湊などで揚がる、新鮮な旬魚を用いた料理だ。

右.土鍋盛り¥840~(1人前※写真は3人前) 左.店奥には6名用の個室も

村上氏が自らの体で、そして、心で感じたすべては、魚を熟知した料理人の腕によって作りだされる大皿料理に集約されている。

気の置けない仲間同士で訪れ、わいわいと皿を囲み、美味を共有することで、その絆がさらに深まることをこの店は教えてくれる。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo