脱居酒屋宣言!渋谷ワーカーの“ワイガヤ”を許容する、店主が陽気な名店4選!

大人だってたまには、居酒屋でワイワイガヤガヤ騒ぎたい夜もある。ただ、学生で騒がしい居酒屋ってわけにはいかない…。かといっていつも居酒屋感覚で使っているカジュアル割烹みたいなところじゃ騒げない。

そんな渋谷ワーカーの駆け込み寺が桜丘町にある。渋谷駅からほど近く、料理のクオリティは超一流、そして喧騒こそ最大のBGMと言わんばかりにノリがいい外国人スタッフが笑顔で迎えてくれる。

まるで海外かのような雰囲気が漂うレストランの楽しさを渋谷で働く大人たちに是非体感して欲しい!


ネパールの家庭料理が堪能可能!このレアな食体験が大人を豊かにする
『ネパリコ』

セルリアンの裏手、桜丘町の奥へと足を向けると、ふわりと漂ってくる食欲をそそるスパイスの香り。ここ『ネパリコ』がその香りの出処だ。

7年前、オーナーのバダムさんが「本当のネパール料理を日本の人に楽しんでもらいたい」とオープンさせた同店。

ネパールを代表する料理「モモ」¥600。餃子に似ており、挽き肉、ニラ、玉ネギなどからなる餡を皮で包み、蒸し上げる


インドの隣で山岳地帯ということから、ネパールの食は辛くてがっつりした食をイメージするが、そうではない。シェフのスーレイさんが手がけるのは、庶民の味・家庭料理を意識したもの。

野菜をふんだんに使い、スパイスは辛さのためではなく香りと食材の味わいを引き出すために加え、毎日食べられる優しい味わいのネパール料理を楽しませてくれる。

薄く伸ばして干したご飯の周りに、肉、野菜、魚などを盛り付けた「サマエバジセット」¥1,500。

米粉を薄く引いて焼き、その上に挽き肉と卵をのせた「チョタモリ」¥700。

アルコールは軽快な飲み口の「ビール」¥680、程よい甘みの「ラム」¥600、ヒエから作る焼酎「ロキシー」¥600などが揃う


またネパールの多くの食堂で使われているランプを店内の照明に使用するなど、どこかホッとする空間にもなっているのだ。

ヒマラヤに劣らず、険しいシーンが連続するビジネスの場に身を置く大人なら、心身をリフレッシュさせるために桜丘町の奥にあるネパールへ旅をしてみてほしい。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo