神楽坂の隠れ家へ… Vol.4

神楽坂でカウンターデート!大人のふたりにちょうどいい名店5選

※こちらの店舗は、現在閉店しております。

塩ダラのサラダや魚介のパエリアは看板メニュー。さらに魚料理と肉料理も入って、フルコースのような充実した内容が味わえる

実力派スパニッシュ『エル ヌエボ』

銀座の『バル デ エスパーニャペロ』で腕を振るった新井隆シェフが独立。2014年12月に、神楽坂通りの地下にレストランをオープン。

何度も現地に赴いた研究熱心な新井シェフは、おなじみのタパスから煮込み料理や米料理、郷土料理まで幅広く手掛け、クラシックからモダン料理まで幅広く楽しめとあって、人気だ。

これぞ距離詰めカウンターだ!

天井が高く、地下とは思えない開放感のある店内は、中央にキッチンがあり、熱気のこもった調理風景も眺められる。グルメな彼女も納得の実力派スパニッシュ、外せない夜に是非。

その長さはなんと6m。今では素材を確保するのも難しいという国産檜一枚板を使用したL字型カウンター。

細部にもおもてなしの心が宿る、『神楽坂 鮨 りん』で特別なひと時を。

料理のクオリティはもちろんのこと、『神楽坂 鮨 りん』にはゆったりと食事を楽しめる心配りがいくつも施されている。

例えば、空間に温かみを与える備前焼の器やさりげない一輪挿し。またカウンターの足元に設けた床暖房設備や、客に直接風を当てない空調など。

こうした細かい部分に宿る「おもてなしの心」によって、私たちは自然と料理に向き合い、濃密な美食体験を味わうことができるのだ。

完全個室(2~6名)

見事なカウンターをはじめ、店内は“神楽坂の隠れ家”とも呼べる落ち着いた雰囲気の空間。

板前との会話も弾む一枚板のカウンターで、粋に愉しむのもよし。また黒基調のモダンなトーンで統一された完全個室(2名~6名用)も完備し、接待などの大切なシーンにも対応。

「ここぞ!」というデートに使いたい、まさに切り札的な店と言えそうだ。

握りコース内の一例

2種類のシャリと玉子が名物。奥行きある鮨の世界を堪能しよう。

ネタの味の濃淡に合わせて酢飯を使い分けるのが『りん』のスタイル。

淡白なネタには白酢、濃厚なネタには赤酢を使用した酢飯で、それぞれの味の違いが楽しめる。

また、ふわふわに仕上げた厚焼き玉子と、旨味の効いただし巻き玉子の2種類の玉子焼きを提供するのも名物で、開店以来根強い人気を誇っている。

名物の厚焼き玉子(手前)とだし巻き玉子

神楽坂の閑静な路地に立つビルの2Fという、落ち着いたロケーションに佇む『神楽坂 鮨 りん』。

圧倒的な存在感を放つカウンターが中心の店内では、じっくりと料理に対峙でき、大切な人との特別な時間を演出してくれるはず。

※本記事に掲載されている価格は、原則として消費税抜きの表示であり、記事配信時点でのものです。

【神楽坂の隠れ家へ…】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo