先週のアクセスランキング!1位は「男がデート中に見ている仕草。女が良いと思っていることが、仇になる?デートの答えあわせ【A】」

「東京カレンダーWEB」の1週間分のランキングから、人気記事ベスト5をご紹介!

“デートの答えあわせ【A】”に“恋愛中毒”から“夢砕かれた意外なギフト”まで。さて、栄えあるベスト1は?

★第1位
男がデート中に見ている仕草。女が良いと思っていることが、仇になる?デートの答えあわせ【A】

瑠里子と出会ったのは、同期の嫁からの紹介だった。

「すっごい可愛くて、スタイル抜群の女友達紹介するから!」

そう言われて、紹介を断るバカな男なんているのだろうか?ちょうど彼女もいないし、僕はすんなりそのオファーを受け入れた。

続きはこちら

★第2位
アモーレの反乱:妻が語る「夫のあの時の対応で、私は離婚を決意した」

「やっぱりあの時のことが、どうしても許せない?」

藍子さんが、私に言った。「あの時」という言葉に、胸が締め付けられる。その痛みに未だ自分の中の傷口がふさがっていない事に気が付く。もう随分時間も過ぎたというのに。

「あの時のこと」

私が、夫に泣いて訴えたのは、後にも先にも、あの時だけだった。

続きはこちら

★第3位
恋愛中毒:無謀な恋を貫いた妻が我に返るとき。警告でなく救いに思えた、冷徹な夫の言葉

「菜月。君、本当に別れたいの?」

しかし数日ぶりに会う夫は、これまでと少し様子が違った。女に振り回された男の疲れとでも言うのか、いつもの無感情に乾いた瞳に、ほんの少し寂しさが滲んでいるように見える。

普段は酒もほとんど飲まない宗一が、今日はウィスキーのロックを啜っていた。

続きはこちら

★第4位
「私、こう見えて“意外と”安いお店でも大丈夫なんです」アピールは、エリート男にどう思われる?

片瀬に呼ばれて、女性二人がこちらに来た。二人とも20代前半くらいの、なかなかの美人である。特に綾乃と呼ばれた女性は、身につけているものの華やかさが際立っていた。

肩と背中の開いた質の良いワンピースに、豪華なダイヤがあしらわれたカルティエのネックレスと、タンクの腕時計。

日本に帰国して以来、亮介はブランド物を当たり前のように身につける女性に違和感を覚える場面が、何度かあった。

続きはこちら

★第5位
「俺のものになればいいのに...」情熱的な恋人に前のめる女が、夢砕かれた意外なギフト

「さすがに付き合って数週間で、指輪はないでしょ...?麻里、盛り上がるのはいいけど、のぼせすぎて失敗しないでよ?そもそも、優樹くんは彼女持ちの男だったんだから...」

みゆきの忠告に、麻里はほんの少しムッとする。

「あのね、優樹くんは、これまでの男とは全然違うの!彼だって絶対同じ気持ちよ。結婚を意識してないなんて有り得ないから大丈夫よ」

しかし、数日後にはその自信が打ち砕かれることになるとは、麻里は全く予想していなかった。

続きはこちら

東カデー詳細はこちら >

東京カレンダー 月刊誌詳細はこちら >

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo