銀座を遊びつくせ! Vol.19

憧れのパーラー『銀座千疋屋』の人気ベスト3を紹介!あの名店はココがすごい!

手みやげのフルーツサンドもいいが、店内で出来たてを食べるのがおすすめ!

手みやげのフルーツサンドで有名な『銀座千疋屋』。銀座の目抜き通りに店を構える1894年創業の老舗で、美しいバラのパッケージが人気だ。

その2階にあるフルーツパーラーでは、高級フルーツをたっぷり使用したスイーツが味わえる。銀座で一休みをするなら、足を運びたい名店である。

今回は、2017年にリニューアルが完了し、さらに魅力がアップした『銀座千疋屋 銀座本店 フルーツパーラー』の人気ベスト3を、一挙にご紹介しよう!

「季節のフルーツポンチ」(1,296円)。赤ワインに比べてさっぱりとしており、さらに食べやすくなったフルーツポンチは、甘いものが苦手な人にもおすすめ

第3位:季節のフルーツポンチ
白ワイン入りで爽やかな一品がランクイン

「フルーツポンチ」は、『銀座千疋屋』を代表する一品。1923年(大正12年)、日本で初めてフルーツポンチを発売したのもこの店なのである。

赤ワイン入りのシロップに季節のカットフルーツを入れた、1923年(大正12年)に考案された元祖「フルーツポンチ」も健在だが、人気は2017年のリニューアルを記念して発売された「季節のフルーツポンチ」。

マスカットのような爽やかな甘い香りが特徴のエルダーフラワーシロップに、白ワインを入れフルーツの量もアップ!下層にはリンゴや洋なし、パインなど、そして上層にはバナナやキウイなどの季節のフルーツが盛られている。

使うフルーツは日本で最高峰のものばかり!新旧のフルーツポンチの食べ比べも楽しめるのが嬉しい。

「フルーツサンド」(1,080円)

第2位:フルーツサンド
一度は店内でできたてを食べて欲しい

第2位にランクインしたのは、その美しいビジュアルでもお馴染みの「フルーツサンド」。

鮮やかなブルー地にバラの包装が印象的な逸品は、銀座の手土産サンドイッチの一番人気ではないだろうか?

内容は秘密だが、3種類をブレンドした生クリームが、みずみずしさを活かしたメロンやリンゴなど旬のフルーツの美味しさを引き立ててくれる。

クリームのコクとさっぱり感、フルーツの香りのバランスが最高!手土産として食べた事がある人も多いと思うが、一度は店内でできたてを味わってみて欲しい。

ハーフ&ハーフでも価格は1,080円と変わらないのも嬉しい

意外と知られていないが、『銀座千疋屋 本店 フルーツパーラー』では、フルーツサンド以外のサンドイッチも楽しめるのだ。

王道の味わい「ハムサンド」や、美しくスライスされたアボカドがたっぷり入る「アボカドサンド」など、イートイン限定の「ベジタブルサンド」の3種が揃う。

好みの2種を組み合わせてハーフ&ハーフで注文することもできるので、フルーツサンドと共にあじわってみてはいかがだろう?

【銀座を遊びつくせ!】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo