会話の中での「俺含有率」かなり高め。そんな丸の内おじさんが愛してやまないレストラン4選

日本屈指のビジネス街、丸の内。そこで働くサラリーマンは無論ハイスペック。しかし、丸の内のエリート=人生勝ち組っていうのは一概には言えない。

例えば、3度の転職に結婚生活の終わり、それでもエリート然として働いている、そんなおじさんもこの街には多いという。

港区おじさんと比べて、出自は明確。
キャリアに自信があるから、話の中での「俺含有率」はかなり高め。話は間違ってはいないが、ものすごく面白いことは滅多に無いという。

今回は、そんな丸の内おじさんのライフワークを物語仕立てでご紹介。

【PROFILE】東京都出身の44歳。慶應義塾大学卒(在学中に米国へ留学)。卒業後、外資系金融企業に就職。香港、シンガポール駐在を経て2年前に帰国。昨年から独身となり同時期に日系証券会社に転職


お気に入りの丸の内OLから飲みのお誘い。進展はあるか?

独りメシが苦手だから部下を誘うこともある。ミスをした新入りと『TAMA』で飲む。あんまり教えてやれることはないけど、陽気に飲んで奢ることはできる。

追加で「ジャージャー麺」を頼んだところ、かねてから気になっている丸の内OLから着信。「今から新丸ビルで飲みませんか?」だって。

料理は部下に任せて即移動。あれ、ひとりかと思ったら友達もいる。

「前の奥さんとダメになっちゃった理由は?」

でた、バツイチ男が避けられない質問。

「香港とシンガポールから日本に帰ってきたら、逆に奥さんと価値観が合わなくなっちゃって」

さり気に元外資の駐在経験を差し込む。

「そうそう、この『酢重ダイニング』って、シンガポールにも店があってよく行ったんだ」

旨い和食を欲している時にはちょうどよかった。

「俺は元外資で元奥さんがCAだったから」

彼女とはそんな話で盛り上がったけれど、次の約束はとりつけられずに3週間が経つ。

独身になると外食が増えたせいか出費が増えた。しかしいつでも気風だけはよくいたい。今晩の『文史郎』での部下との飲みも全部払った。

みんなで楽しい時間だったからいいんだ。ただ22時と早めに終わってまだ飲みたりない。そんな時、自然と足が向くのが『ロイヤル バー』。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo