東京の夏を乗り越えた大人たちへ。丸の内の極上和食で、秋の味覚のご褒美を!

  • 個室は、大小合わせて9部屋。部屋ごとにソメイヨシノや藤、蔦の葉など、植物のモチーフの透し彫りが、施されている

  • 秋のおすすめ会席「和ーNAGOMI」¥21,600の八寸。手前から才巻海老の旨煮、菊花かぶの甘酢漬け、幽庵地に漬けたかますの松茸巻き、花豆蜜煮、揚げ銀杏、中央は、イチジクなど

  • “神戸牛のすき煮”は¥21,600のコースのメイン。卵は、黄身の味が濃い贅沢卵「彩」を使用。残った卵で卵かけごはんにするゲストも多いそう

  • 才巻海老、キス、銀杏。写真は季節の天婦羅コース・秋《夜》¥17,280の例。天バラ発祥の店として有名だが、このコースの松茸天茶も待ち望むファン多し

  • 熟練の手さばきを目の前で見る贅沢が、天ぷらの美味しさを助長する。

もどる
すすむ

1/10

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo