丸の内のモテるビジネスマン達が実際に利用している人気スポット6選!

日本屈指のビジネス街といえば間違いなく「丸の内」だろう。そしてここで働くエリートサラリーマンはこの街を隅から隅まで熟知している。

そこで、実際に丸の内で働くサラリーマンに普段よく使うレストランなどを聞いてみると、なかなか興味深いエピソードとお店が出てきた。今回は取材を元に作成した物語と、そこに出てきた丸の内のホットスポットを紹介する!

【PROFILE】広島県出身の33歳。一橋大学卒業後、大手総合商社に就職。20代後半の2年をNY駐在員として過ごす。趣味は筋トレとサッカー。彼女いない歴3年だが、彼女候補は多々存在している


商社マンの送別会は女子を交えたお食事会

『SPA大手町 FITNESS CLUB』でいつもどおり30分トレーニングをしたあと携帯を見ると、送別会の店選びを任せておいた後輩からメールが入っていた。

〝『欧州小皿料理 沢村』で19時スタートです。知り合いの女子が何人か来る予定です。〟

金曜はジャカルタに赴任する同期の送別会。男だらけってのも味気ないから、知り合いの女性が参加することが多い。つまりは送別会という名のお食事会である。

来月に旅立つ同期とは10年以上のつき合い。よく残業後に会社から近い『DRUNK BEARS』でビール片手に他愛もない話をしたものだ。ジャカルタ赴任は大きな出世で新プロジェクトのリーダーをまかされたとか。

エールは送るが、内心では少し悔しい。俺も33歳、そろそろ2回めの海外赴任があってもいいタイミングだ。ただそうなると、赴任前にやっぱり結婚はしておきたい。

一度めの赴任はNYに2年、次は4〜5年ほど赴任する可能性が高い。ひとりで行くのは寂しいし、帰国後に独身アラフォーでいるのは商社じゃマイノリティ。

ただ、今、特定の彼女がいるわけではない。「本命」の決め手ってなんだろう?

20代から飲み会の誘いは絶えずあり、出会いに困ったことはない。代理店や金融の男友達から誘われることも多い。女性幹事が美人を揃えるのに腕をふるうように、男幹事にとって商社マンは手堅いコマだろう。

20代は定番のCAからモデル、受付嬢など王道な女子。30代になると、医者、弁護士、アーティスト、編集者などバラエティに富む相手に変わっていった。今までそういう場で多くの女性と出会ってきた。

しかし、付き合うことになった女性は少ない。結婚に至るまでの確率は数百分の1以下。結婚の難しさを改めて考える時もある。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo