先週のアクセスランキング!1位は「恋愛中毒:人妻が恋に堕ちれば、世間を敵に回す。狂気に満ちた独身女との修羅場」

「東京カレンダーWEB」の1週間分のランキングから、人気記事ベスト5をご紹介!

“恋愛中毒”に“寿退社したものの”から“にゃんにゃんOL”まで。さて、栄えあるベスト1は?

★第1位
恋愛中毒:人妻が恋に堕ちれば、世間を敵に回す。狂気に満ちた独身女との修羅場

ヨガスタジオで起きたのは、紛れもなく、醜い修羅場だった。

菜月は達也の恋人の正面で、まるで拷問のような60分のレッスンを続けた。彼女は1ミリも視線を逸らすことなく、ただ無言で菜月を攻撃した。恐怖と動揺で、気が狂うかと思ったほどだ。

そしてレッスンが終わると、彼女はさらなる行動に出た。

続きはこちら

★第2位
「男として、見てほしい」年下男が憧れる、35歳女との最後の夜をぶち壊した罠

恭子さんは一体何と言うだろう。恩を仇で返すのかといって怒るだろうか。いや、冷静な彼女に限ってそれはないか。それよりは、僕を失うことを、少しは悲しんでくれるだろうか…。

僕は、想定される恭子さんの反応を、何パターンにも渡って予測して、心の準備をしていた。もし何と言われても、決意が揺らぐことのないように。

ところが恭子さんの返事は、驚くほどあっけのないものだった。

続きはこちら

★第3位
寿退社したものの:あの蜜月はどこへやら…。食い違う、夫の言い分と妻の言い分

「志穂は子供を産んで、変わってしまった。」

この2年間というもの、康介の頭の中にはその考えがこびりついて離れない。

出産前と何がどう違うのかと問われれば、上手く説明できない。ただ、志穂が以前より自分に対してずうっとキツくなってしまったのは事実だろう。発言の節々にも棘を感じるし、自分が話していても、心底どうでも良さそうな反応をする。もちろん新婚当初の志穂はそうではなかった。

続きはこちら

★第4位
“結婚できるイイ男”を探すのは、至難の業。女が利用すべき最良の男とは・・・?

「結婚」という言葉を口にした途端、彼はガラリと態度を変え、気が抜けるほどアッサリと自分を解放した。

―その時計は、記念に持っててくれていいから...!

サトシは焦りを隠そうともせずにそう言い、1万円札とともに麻里をタクシーに押し込んだ。六本木の彼の家から麻里の住む麻布十番までは、千円ほどしかかからないのに。理由は分からないが、そのとき麻里は、たしかに深く傷ついた。

続きはこちら

★第5位
年間25万の(無意味な)資格取得を生きがいにした結果、大事なチャンスを逃すにゃんにゃんOL

和樹と結婚するなんてどこにも確証はない。何よりも、そうやってダラダラと無駄な授業料を払い続けているだけでは、何も身につかない。

根本的に、私は意味のわからない資格が大嫌いだ。

アロマにハーブ、美容何ちゃらに何とかマナー検定。資格取得に励むのは良いことかもしれないけれど、そんな実用性のない資格を取る前に、もっとすべきことがあるのでは?

続きはこちら

経者Nightレポ詳細はこちら >

東京カレンダー 月刊誌詳細はこちら >

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo