女ともだち Vol.6

女ともだち:「もうすっかりママだね」は褒め言葉かそれとも、ただの嫌味?

女はいつしか、3つのカテゴリーに分類されてゆく。

「独身」か「妻」か、はたまた「ママ」か。

結婚・出産でライフスタイルが急変する女の人生。恋愛から結婚、そして子育て。それぞれのカテゴリーで、興味の対象も話題もがらりと変わってしまう。

大学時代からの仲良し3人組、沙耶とあゆみ、そして理香。

27歳でいち早くママとなった理香は、子育てに集中するためあっさりと仕事をやめ、家事と育児に追われながら過ごしている。

母親という立場にプライドとやりがいを感じながらも、一方ではある喪失感を感じずにいられない。


母親であることこそが、私の仕事


「...よし、完成」

カシャ。

理香はおもむろにスマホを取り出し、出来上がったばかりのお弁当を写真に収める。

今日は、息子の大好物であるミートボールを入れてあげた。

きっと、喜ぶはず。お弁当箱を開けた時の息子の笑顔を想像するだけで、自然と笑みが溢れてくる。

理香夫妻は今年の春から、息子をプレスクールに通わせている。都内の有名私立小学校への高い進学率を誇るスクールだ。

息子のためにお弁当を作ること、そしてその完成写真をInstagramにアップすることが、ここ最近の理香の日課だ。

近い年齢の子どもがいるママたちの参考になれば...そんな思いで、理香がこだわっている食材選びのポイントや時短ノウハウなどを丁寧に書いて投稿しているのである。

息子のために “良い母親”でいること、それこそが理香の仕事。

唯一無二の存在である母親という役割に、プライドも、やりがいだってある。

しかし、四六時中子どもと向き合い母親として生きる日々の中で、時々考えてしまうことがある。

「母」ではない、 「理香」としての人生は、もう終わってしまったのだろうか、と。

【女ともだち】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo