港区男子の悲劇 Vol.1

年収2,000万でも、財布は空っぽ?28歳外銀男の高過ぎるプライド

細長く白い手足が、白いワンピースからすらりと覗く、白のマノロブラニクをはいた可憐な美女だ。

ここにいる女性たちとは一線を画す上品さがある。小さな顔に大きな目、人形のようなスタイルと可愛らしい顔立ちに博人は一瞬にして心を奪われた。

モデルなのだろうか、でも芸能関係の匂いを一切感じさせない清楚さを醸し出している。

すると、博人が話しかけるよりも先に主役が謎の美女を手招きした。主役は悪びれる素振りもなくそそくさとリカをどかし、その美女を隣に置いた。


飲み会中に主役は美女を離すことなく、博人はとうとう一度も話しかけることができなかった。

1時間ほどして美女は席を立ち上がった。どうやら帰ってしまうらしい。

「俺、送ってきます」

チャンスだと言わんばかりに博人は美女のお送りに名乗りを上げた。

「今日はありがとう、あの人大変だったでしょ」

自分の財布からタクシー代として2万円を手渡した。これで格好が付くなら、今はこの美女にいい顔をしたい。

「よかったら、LINE教えてよ」

外資系証券会社勤務で高身長。イケメンと言われるのが当たり前な博人にとって、連絡先取得なんぞ百発百中のはずだった。

「ごめんなさい、充電切れちゃって。ありがとうございました」

美女は2万円をしっかりと受け取ると、そそくさとタクシーに乗り込んでいなくなってしまった。

時間は、ぴったり0時。

「マロノブラニクを履いたシンデレラ...」

0時にお城に帰った、正真正銘のシンデレラなのだろうか…。そんな淡い夢を抱いたものの、どうせ彼女もタクシー代目当てで来た港区女子なのだと思う方が、気が楽だった。

港区で飲んでいる女なんて信用できない。これまで何度落胆したことがあっただろう。期待しない方がいい。夢なんて見ないほうがいいんだ。

美女の残り香と夜風に当たりながら一人立ち尽くしていたのもつかの間、博人は見知らぬ女子大生達に腕を引かれた。

この記事へのコメント

Pencilコメントする
まや
虚しい。激務をこなし、高給をとり、捨てるようにお金を使う。こんな生活を続けて、一体何が残るのか。何の意味があるのか。
2017/09/12 08:2940返信2件
ゆか
外銀男子は、周りがそうだから車とか趣味に超お金使うし、結婚しても変わらない人が多い。何よりボラティリティ高すぎ。。結婚相手としては、テンポラリにいくら稼ぐかより、彼女や奥様の貢献度考えて、個人的には邦銀男子出世コースの方がバランス良い気がします。
2017/09/12 09:0428
No Name
こんな人と結婚できない。。
2017/09/12 10:5726
ともよ
私も誰から見ても美人な女になりたい。
2017/09/12 06:2423
No Name
外銀ネタはいろいろ現実離れしてると思う。
あと年収2000万以上の会社員の累進課税とか分かって書いてるのかなあ。
趣旨とは違うが、婚活女子に誤解を与えないでほしい。
2017/09/12 08:2919返信1件
もっと見る ( 29 件 )

【港区男子の悲劇】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo