東カレデート対決 Vol.2

男女が恋に落ちる法則。それは「好き」より「嫌い」が一緒なこと

初デートは、戦場と言っても過言ではない。

会話を盛り上げるために頭を高速回転させる男。それに合わせつつ、ちょっとした言動や会話で男をふるいにかける女。

モテる男女とは、いったいどのような会話を繰り広げているのか?

そして皆さんは、他人の2人きりの会話をしっかりと聞いたことがあるだろうか?



前回より「東カレデート」の募集で見事マッチングした、鋼メンタルの外コン男・誠人(32)と 超絶美人CA(28)の初デートの実況中継をお届けしている。

舞台は、銀座の高級フレンチ『ラール・エ・ラ・マニエール』

「食レポしてください♡」という無茶ぶりにも淡々と応じ、次回デートの誘いを華麗にスルーされても微動だにしない誠人に、勝機は訪れるのだろうか・・・?


「捨て試合」からの、思いもよらぬ展開とは?


デート開始から1時間、美人CAを前にしても全く動じない誠人は、ひたすら「聞き役」に徹していた。

女性からよく聞く「デート中、男性のがっかりした言動」の一つに挙げられるのは、“自分語りがうざい”ということである。そういう点で、誠人はパーフェクト、いやパーフェクト過ぎる。

この1時間、誠人が自分のエピソードや仕事の話をした時間は実に「0秒」。驚愕である。

これには、数多の男からのアプローチを受けてきたであろう絵美も、物足りなさを感じていたようだ。デートが始まってすぐ、この対決を「捨て試合」と判断したかのように自由気ままに振舞っていた絵美だったが、思いもよらぬ展開を見せる。

きっかけは、絵美が切り出したこの質問だった。

絵美「苦手な女の子のタイプって、あります?」

誠人「苦手なのは、愚痴が多過ぎる子」
絵美「あ、分かります~!ネガティブな子でしょ」

【東カレデート対決】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo