先週のアクセスランキング!1位は「「女は20代に限る」と豪語していた、年下男の心を鷲掴みにした35歳の女」

「東京カレンダーWEB」の1週間分のランキングから、人気記事ベスト5をご紹介!

“麗しの35歳”に“丸の内のプーさん”から“年内婚約 2017”まで。さて、栄えあるベスト1は?

★第1位
「女は20代に限る」と豪語していた、年下男の心を鷲掴みにした35歳の女

今年で29になる僕にとっては、近頃は同じ年代の女たちですら、少し面倒な気がしていた。彼女たちは狂ったように婚活に精をだし、二言目には「結婚」と騒ぎ立てるからだ。

僕にだって結婚願望がないわけじゃないけれど、相手にせかされるのはまっぴらごめんだ。若い女の子たちは気軽な恋愛を楽しむのにちょうどいい。だからましてや、35歳で、しかも自分の上司という立場である恭子さんのことなんて、気にも留めていない…はずだった。

続きはこちら

★第2位
誘惑する唇:このメイクの何がダメ?女同士の「女子力高め」が男性から不評と知った夜

真樹は、新宿にある外資系製薬会社の広報部に所属する28歳。色白で、大きな目は目尻が少しだけ垂れており「儚げな雰囲気がある」と、20代前半の頃から言われることが多かった。

だが見た目に反して性格には「儚げ」な要素なんて持ち合わせておらず、逆に気が強くて少々プライド高めだ。そんな真樹が密かに想いを寄せているのが、康史という3歳年上の男。この康史が相手だと、いつものように駆け引きを楽しむには少々憚られる理由があるのだ。

続きはこちら

★第3位
「家に、行っていい...?」傷心女の爆弾発言は、据え膳か?それとも...

「ま、まゆちゃん...?」

あのまゆこが。高飛車で傲慢で毒舌の、あの、まゆこが。丸の内の仲通りのど真ん中で、自分の腕に抱かれ、シクシクと涙を流している。

―こ、この状況は...。どう振る舞うのが正解なんだ...?!

続きはこちら

★第4位
寿退社したものの:憧れの専業主婦ライフ。華やかな生活を捨ててまで得た「安定」の現実

専業主婦である志穂は、先月2歳になったばかりの娘と、日がな1日何をするでもなく街を歩く。公園、スーパー、住宅街、商店街、そしてまた、別の公園。延々と続く道を時にはベビーカーで、時には果てしなく自分勝手なペースで歩く娘の手を引きながら歩く。

自分は間違いなく幸せだと思う。夫は大手の広告代理店に勤め、こうして可愛らしい娘も授かり、働かなくとも生活の心配はない。だが、結婚後3年経ち、そして母となった今でも、志穂は結婚前の華やかな生活を完全に忘れることは出来ていなかった。

続きはこちら

★第5位
年内婚約 2017:“逆算”したら完全アウト。結婚相手を28歳でロックオンすべき理由

―やっぱり、持つべきものは女友達だわ...。

そう、怯んでいる余裕なんかない。こうして協力的な友人とせっせと力を合わせ、人脈をフル稼働して出会いの場を設けられることに感謝しなければならないのだ。

だって麻里は、自分自身で“年内婚約”を決意したのだから。

続きはこちら

経者Nightレポ詳細はこちら >

東京カレンダー 月刊誌詳細はこちら >

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo