ドクターラバー Vol.8

“いい奴”が恋愛でも誠実だとは限らない。彼女持ちの男を想う、哀れな女

医者を好み、医者と付き合い、結婚することを目指す。

そんな女性たちを、通称「ドクターラバー」と言う。

日系証券会社の一般職として働く野々村かすみ(28)も、そのひとり。

彼女たちはどんな風に医者と出会い、恋に落ち、そして生涯の伴侶として選ばれてゆくのだろうか?

医者とドクターラバーたちの恋模様は、一筋縄ではいかないようだ。

かすみは、慈恵医大の内科医・城之内(34)初デートに行くが、病院からの呼び出しですぐにお開きになってしまう。再び城之内からデートに誘われるも、またドタキャンされてしまうかすみ。そんな折に同期のタケルからも飲みに誘われ、秘かに彼のことが気になっていたかすみは、そのまま一夜を共にしてしまう

同期の里帆からは、「一緒にいて幸せになれる人を選んだ方がいい」と言われるが…。


仲のいい同期の彼女を検索してしまう、哀れな女心


「あれ、今日タケルは来てないの?」

里帆の問いに、尋ねられた同期が答える。

「何か用事があるらしいよー」

かすみはその会話を背中で聞きながら、そっとため息をついた。

真夏の土曜の夕方。二子玉川の川原に、会社の同期10数人ほどで集まっている。

1週間ほど前にFacebookイベントで招待が来た「同期★BBQ」に、タケルはすぐさま「不参加」を押していた。いつも同期の集まりには参加するタケルにしては、かなり珍しいことだ。

それを知った時、かすみは思わずタケルのFacebookページにとび、「友達」一覧から検索をしてしまった。以前に聞いたことがある、彼女の名前を。

―確か、誕生日は夏だって言ってたような…。

それらしき女性がしぼりこまれ、アイコンが表示される。

素直で優しそうな、控えめな笑顔。タケルが好みそうな、家庭的な雰囲気の子だ。

かすみの胸が、急にどくどくと波打ち出す。

その子のプロフィールページにとんでみる。やっぱり誕生日はバーベキューの日、つまり今日だった。

思い出しながら、かすみは再びため息をつく。日はすっかり暮れ、同期たちはきゃっきゃと花火に火をつけ始めていた。

里帆にいたっては、両手に2本ずつ花火を持ってはしゃいでいる。かすみはひとりだけイスに座り、その様子をぼーっと眺めていた。

タケルとはあれ以来、会っていない。

【ドクターラバー】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo