汗が噴き出す辛ウマグルメ!人気四川火鍋の新店が旨すぎた!

夏はもう目の前!この時期こそ食べたいのが、カラダの中から汗が噴き出す辛ウマ料理だ。

今回紹介するのは2017年3月オープン以来、予約の電話が鳴り止まないという『ファイヤーホール陳』。

それもそのはず、同店のプロデュースを手がけたのは、四川料理の名店である四川飯店グループ総料理長・菰田欣也氏なのだ!

夜だけでなく昼からその辛ウマが爆発する新店の魅力をたっぷりお伝えしよう。

(手前)麻辣豆板醤スープ(奥)肉骨茶スープ。「火鍋ベーシックコース」(1人前3500円)のスープは白湯スープと麻辣豆板醤スープの2種になる。

四川料理の達人が辿り着いた究極の火鍋!食べるほどに旨みが増し、汗も噴き出る

2017年3月に五反田にオープンした『ファイヤーホール陳』。同店をプロデュースしたのは、四川飯店グループ総料理長の菰田欣也氏。

同店の看板メニューである火鍋は、菰田氏が3年以上研究を続けて辿り着いたというから驚きだ。

しかし、ひと口同店の料理を食べれば3年もの研究が必要だったことが、カラダの芯から実感できるだろう。

まずは夜の部のおすすめである四川火鍋の旨さを紹介したい。

肉骨茶スープに使用している4種類の生薬。当帰(とうき)、川芎(せんきゅう)、熟地黄(じゅくじおう)、党参(とうじん)を混ぜたもの。

スープへの尋常じゃないこだわりぶりがすごい!

今回オーダーしたのは「加藤ポーク満喫コース」。コースは5種類用意されており、「火鍋ベーシックコース」は1人前3500円とリーズナブルなコースから「スペシャル贅沢コース」(1人前10,000円※要予約)までと幅広い。

「加藤ポーク満喫コース」のスープは肉骨茶(バクテー)スープと麻辣豆板醤スープの2種類。このスープが同店最大の魅力といっても過言ではない。

まず麻辣スープは、料理長自家製の豆板醤がベース。四川省麻鼓醤に唐辛子や豆鼓、紹興酒や山椒などを入れた手作り豆板醤が作り出す旨みは、超本格派。ひと口飲めば、ブァッとカラダの芯から汗が噴き出してくる!

「加藤ポーク満喫コース」(1人前5000円)はビギナーにもおすすめ。

肉骨茶スープは、中国栄養薬膳師の資格を有する菰田氏ならではのこだわりが光る。

こちらは『シンガポール四川飯店』で提供している肉骨茶を逆輸入し、そこに4つの生薬をブレンド。

味わってみると、遠い異国の料理でありながら不思議なほどに身近に感じることができる。それは隠し味として日本の和出汁も加えられているからだ。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo