出世の花道 Vol.1

出世の花道:一瞬耳を疑った。屈辱的とも言える人事異動

出世したい―。

サラリーマンである以上、組織の上層部を狙うのは当然のこと。

だが、仕事で結果をだすことと、出世することは、イコールではない。

そんな理不尽がまかり通るのが、この世の中だ。

出世競争に翻弄される、大手出版社同期の2人。

果たして、サラリーマンとして恵まれているのは、どちらだろうか。


秋吉直樹は、デスクにかかってきた内線電話の表示を見てため息をついた。

6月第2週の今日は、人事異動が内示される日。

この日は皆、内線電話が鳴る度にびくりと肩を動かす。

普段は淡々と仕事をこなす直樹も、今日に限ってはやはり落ち着かない。

だが、自分に限って異動はない。そう思いこんでいた。だから余計に、内線電話を受けて落胆した。

「はい、秋吉です」

いつも通り電話を受けると、相手は部長だった。

これでもう、確定だ。

「おー、秋吉だったか」

受話器を置くと、3つ上の先輩がニヤケ顔で言ってきた。

正式な辞令が出されるのはまだ数日先だが、内示の日に内線電話を受けていそいそと席を立てば、「それ」がきたのだということは一目瞭然だ。

内示が出たことも本来であれば口外してはならない決まりだが、それを堅く守っている者などいない。よく言えばオープンな社風なのだ。

こうして7月から直樹は、希望していなかった部署での新生活が始まるのだった。

【出世の花道】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo