結婚維持活動 Vol.6

「女に本音を言う必要ない」がポリシーの、狡猾な夫の策略

東京の女性たちは勘違いをしているかもしれない。

結婚できれば、それでハッピーエンドだと。

だが、生活を共にし始めてからが本番だ。結婚した後は、夫婦生活を継続するための「結婚維持活動」が必要である。

ー人間は判断力の欠如によって結婚し、 忍耐力の欠如によって離婚し、 記憶力の欠如によって再婚する。

フランスの劇作家、アルマン・サラクルーの言葉のように、「結婚維持」のキーワードは果たして、忍耐なのか?

この連載では、東京で「結婚維持活動」に勤しむリアルな夫婦の姿をお届けしよう。

今週は、敷地内同居をしている姑に悩まされる結子の夫、孝太郎の結婚維持活動に迫る。


<今週の結婚維持活動に励む妻>
名前:孝太郎
年齢:37歳
職業:総合商社
結婚生活:6年
住まい:成城

みなさん、もっと上手くやればいいのに。


先日の取材では、妻がお世話になりました。

彼女は、美人で可愛い奥さんですよ。子供達のことも献身的に世話してくれますしね。

僕、子供のオムツすら変えたことありません。ええ、家事や育児は全部任せてと言ってくれるので、安心して仕事に打ち込めます。

え?素敵な夫?僕のこと、そんな風に言ってました?いやぁ、照れちゃいますね。

結子、母や姉達のこと、だいぶ話してたみたいですけど。

いや、僕にとっては素晴らしい母親ですし、姉ですから。

何といっても両親のおかげで僕はこうして成城の一等地に戸建てを構えて、子供2人をのびのび育てることができるんです。

文句なんて言ったら、バチが当たってしまいますよ。姉達も子供らのこと、可愛がってくれますし。

妻への不満がないかって言われれば、そりゃあ一つや二つは出てきますけど…。

でもそんな不満、本人に面と向かって言って、なんのメリットがあるんでしょうか。

【結婚維持活動】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo