ビールがとまらない!銀座・丸の内・恵比寿・中目黒・表参道から選出した激旨おつまみベスト5

恵比寿・丸の内・銀座・表参道・中目黒。この5つの街は東京を代表するグルメエリアといっても過言ではない。そんな街でこの季節にぴったりなビールに合うおつまみを厳選した。

ここに集結した各街のNO.1おつまみを押さえておけば、極上のビール体験は確約されても同然!ビールと料理の奇跡の融合を是非ご堪能あれ!

ビールがタレの風味を引き立てる!『ヨシモリ』の焼鳥

銀座

左より、レバー、うずらのたまご、せせり、モモ、ハツ。メニューはコースが中心。おまかせの焼鳥5本に蒸しつくね、和食の職人が作るお惣菜がつく¥3,400から、¥5,500コースまで。本日のグラスビール¥700~


『たて森』から、『ヨシモリ』へ。開店するや、瞬く間に人気焼鳥職人のひとりとなった建守 護氏の店が、シンプルモダンな空間はそのままに、新店『ヨシモリ』として生まれ変わったのは、今年5月のこと。

一新したのはなにより、扱う鶏の銘柄。比内鶏と名古屋コーチンをかけあわせた「庄内彩鶏」を導入。凝縮された旨味と、適度な歯ごたえが持ち味で、もろみの風味の強い生絞り醤油とみりん、氷砂糖を合わせたタレとも好相性。

ワインや生ビールに加えて、クラフトビールを用意しているのも、新たな展開。銘柄は日により異なるが、アメリカ産で上面発酵のエールタイプを数種類そろえている。

「酸が強く複雑味のあるタイプは、焼鳥のタレの風味を引き立てます」と語る酒村氏は、実は酒販メーカー勤務を経て独立、という経歴の持ち主。酒と焼鳥の提案はお手の物なだけに、ペアリングの妙味が光る。

重層的な味わいをビールで流す!『お好み焼きじ 丸の内店』の豚玉

丸の内

豚玉¥890(昼は800)は、豚肉を表面にのせてカリッと焼くスタイル。ザ・プレミアム・モルツ(中)¥620。ゲストの半数以上が、この豚玉とスジ焼を必ずオーダーするというからまごうことなき看板メニューだ


ソースが焦げる匂いと立ち上る湯気だけで、早くもビールを1杯飲み干してしまいそうなシズル感がたまらないのは〝コナモン〞代表・お好み焼き!

大阪の実力店『きじ』の東京進出1号店としてオープンしたこちらは、ピークタイムには行列ができる人気店。

一番人気の「豚玉」は、鶏がらスープをベースにかつおなどを加えた秘伝の出汁をベースにした生地に、キャベツの甘みと豚バラ肉の旨み、隠し味の大葉の爽やかさが、重層的な味わいを醸し出す。

もちろん特製のソース、そしてバイプレーヤーである青のり&粉ガツオの香りも、ビールを飲み進めるためのトリガーに。

『きじ』では、スタッフが熟練の手さばきで焼いてくれるので、オーダーをした後は、喉を潤して完成を待つのみ。カウンター席なら、焼き上がる様子が見られて、それもまた楽しい、

なお、予約は不可のため「今日は絶対お好み焼きでビール!」という気分になったら、早めの出陣が吉だ。

ビールとの“往復運動”が止まらない!『とりなご』の名物からあげ

恵比寿

名物からあげ(1ピース)¥400。スーパードライ(中)¥500。ランチタイムには、からあげ2個にごはん、味噌汁、小鉢がつく「名物からあげ定食」¥1,000が。昼のみ骨無し対応も


京都・福知山で40年前に創業。京鴨とたっぷりのネギを黄金色の出汁でさっと炊く「鴨すき」の名店として知られ、2011年東京・恵比寿に支店をオープン。というプロフィールながら、「鴨すき」に引けを取らないサイドメニューが、この「名物からあげ」。

店長の足立憲吾氏によると、訪れた人のほぼ全員がオーダーするという、驚きの支持率。その秘密は……、まず鶏は肉質の柔らかな岩手「みちのく味わいどり」を使用。骨付きもも肉を骨ごと3分割したら、特製のタレに1〜2晩漬け、肉の中までしっかり味を染み込ませている。

注文が入るごとに、これに粉をつけて、揚げ油の中へ。骨のキワまで火が入るよう、10分ほどかけてじっくりと揚げ、途中表面を空気に触れさせるようにするのが、カリッと仕上げる秘訣だ。

こんがりと揚がった骨付き肉にかぶりついたときにこれほどジューシーで、かつ冷めても味わいの印象が変わらないからあげは、希少ではないだろうか。1個を味わうのにビール1杯では足りないかも!? な存在感を放ち、その名に偽りなしの〝名物〞ぶりだ。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo