ホムパのお作法 Vol.3

ホムパの手土産の「真の正解」を、ご存知ですか?

呼ぶ方にも、呼ばれる方にもお作法があるホームパーティー。

人格やマナーが試される場でもあるが、その正解を知らぬ者も多い。

都内の様々な会に参加し、その累計回数は約100回にものぼる29歳の沙耶加が、多角的な視点でホームパーティーを評論してゆく。

これまでに、正しい家主の振る舞いゲストとして招く人の選抜方法を考えた。

今回はゲストが最も頭を悩ませる、「手土産」について考えてみた。


私は人よりホームパーティーに参加する頻度が高い気がする。しかし何度参加しようとも、毎回私の頭を悩ませるものがある。

“手土産”だ。

粋な参加者が集う会に野暮な物は持っていけない。少しハズしを効かせたような、ありきたりではない物を持って行きたい。

ある種、手土産は口よりをモノを言う。その人のセンスが間違いなく垣間見える。だからこそ、毎回細心の注意を払って選ばなければならないのだ。



「さとみ、今度のレイナさんの会に何を持っていくか決めた?」

今週末、私とさとみは麻布十番にある友人宅に招かれていた。ホストの名前はレイナ・33歳。彼女は大学時代からの友人で、3年前に結婚し、麻布十番に住んでいる。

「まだだよ...沙耶加は決めた?」

レイナは昔から美意識が高く、インスタ映えしそうな物が好き。お酒はあまり飲めなかった記憶がある。

元々“プロ女子大生”のラスボスのような存在で、酸いも甘いも経験済み。従って、東京中の美味しいものはごまんと食しているはずだ。

また、最近のレイナは料理に並々ならぬこだわりを持っており、今回も手料理を振る舞ってくれるという。

そんな彼女の自宅へ持参する手土産だ。下手な物は持っていけない。

今回は、私を含め計5名の女性が集うと聞いていた。皆何を持っていくのだろうか...。

デザート系ならば『千疋屋』丸ごとメロンポンチ『エシレ・メゾン デュ ブール』の世界最高級と謳われるバターケーキなども喜ばれた記憶がある。

人と被らないようにしつつ、最適な物は何かと真剣に考えていた。

【ホムパのお作法】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo