赤坂の夜は更けて Vol.10

重い、寒い、暑い…。3文字だけで会話するわがままな女と、律儀に答える男

夜更けの赤坂で、男はいつも考える。

大切なものができると、なぜこんなに怖くなるのだろう。

僕はいつも同じところで立ち止まり、苦しみ、前を向こうとして、またつまずく。

41歳、テレビ局のプロデューサーである井上は、ひとりの女と出会う。

彼女の名前はハナ、29歳。ひと回りも年下の女だった。

ハナの友だち・葵に、ハナには一緒に住んでいる彼氏がいると知らされた井上。井上の反応は?


「ハナには、一緒に住んでいる彼氏がいますから」

『バー ティアレ』で、ハナの友人・葵が突然発した言葉は、井上にとって正直想定外だった。

想定外、というよりも不意を突かれた感じだろうか。しかし井上は、咄嗟にこう返した。

「知ってるよ」

井上の動揺は悟られなかった......


【赤坂の夜は更けて】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo