立場逆転 Vol.7

「あえて人妻を狙ってる」。人妻好きを公言する男の、身勝手な本音

ある男の噂


「じゃあ…今夜は、千明の巻頭デビューを祝って」

ボブヘアーの似合う美女が、そんなことを言って悪戯な笑みを浮かべる。

同じ外資系消費財メーカーで働く同期の真由子。彼女とは月1で美味しいものを食べに行く“ご褒美会”を開催している。

この日は一緒に兜町まで出向き、まるで芸術作品のような美しいフレンチをいただきに『アサヒナガストローム』を訪れていた。

「あはは(笑)巻頭デビューじゃないから。巻頭特集に呼ばれたってだけ」

笑いながら否定すると、真由子も楽しそうに肩を揺らした。

彼女が自分の事のように喜んでくれているのが伝わり、なんだか熱いものが込み上げる。

結婚や出産で次々に辞めていく同期を横目に、私たちは手を取り合ってハードワークを乗り越えてきた。

いちいち言葉にすることはなくても、学生時代の友人とはまた違う絆がある。

私たちはいつも以上に盛り上がり、あっという間にボトルが一本空いた。


その噂を耳にしたのは、本当に偶然だった。

“ご褒美会”では定番の流れだが、この夜もいつも通り、最終的に話題はお互いに最近の男関係へと移る。

私が「結婚しない」宣言された宇野の誘いを既読スルーしていることを話すと、真由子がこんなことを言い出したのだ。

「でもほんと、最......


【立場逆転】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo