25時の表参道

25時の表参道。

港区でありながら、まるでそこだけ取り残されたかのような、深い静寂が流れている。

ブランドショップや飲食店が立ち並ぶ表参道通り、青山学院大学がある青山通り、そして西麻布へと続く骨董通り。

昼間は多くの人で賑わうが、深夜になると、隣の六本木とはまるで違った景色を見せる。

広告代理店勤務のコピーライター・フミヤ(25)は、深夜の表参道で、一体何を思う?

【25時の表参道】の記事一覧

13
    2017.02.04 Vol.13
    静香、37歳で初めて知る恋心。静寂に包まれた25時の表参道を、今日も歩いてゆく
      2017.01.28 Vol.12
      25時の表参道:永遠の愛なんて、絶対ない。過去として葬られた、彼女との記憶。
        2017.01.21 Vol.11
        25時の表参道:あまりにも代償が大きかった、禁じられた恋
          2017.01.14 Vol.10
          25時の表参道:彼女との満ち足りた夜をぶち壊した、卑劣な罠
            2017.01.07 Vol.9
            25時の表参道:何でアイツばかり評価される?社会人3年目の同期格差と、男の嫉妬
              2016.12.31 Vol.8
              大人の恋は、大抵、叶わない。彼女の旦那への嫉妬で荒れ狂う、25時の表参道
                2016.12.24 Vol.7
                女が着飾るのは男のためだけじゃない。自分より格上の女と、20時30分の表参道で会う時だ。
                  2016.12.17 Vol.6
                  25時の表参道:浮気相手に連絡した女の狂気。37歳、魔性の人妻に噛みついた日
                    2016.12.10 Vol.5
                    25時の表参道:一人の女性を巡って崩れる男の友情。はずれくじを引くのは三人の中の誰だ?
                      2016.12.03 Vol.4
                      25時の表参道:俺は一体、何と闘ってるんだ?年上の女の前で丸裸にされた男の気持ち
                        2016.11.26 Vol.3
                        「お前を見てると、何か負けた気になるんだよ」イケメン代理店男子の復讐
                        • FREE
                        2016.11.19 Vol.2
                        25時の表参道:自称サバサバ系代理店美女が許せない、37歳人妻と浮気する彼氏の嘘