結婚ゴールの真実 Vol.15

結婚ゴールの真実:あえての“別居婚”で掴んだ幸せ。子連れ再婚を果たした、39歳の女

「結婚=ゴール」なんて考えは、古すぎる。

東京の恋愛市場には、結婚相手を探す女性で溢れかえっているが、結婚はゴールではない。そんなものは、幻想だ。

吾郎、34歳。長身イケメン、東大卒、超エリートの企業法務弁護士。

吾郎いわく、結婚をM&Aに例えるならば、M&A実施の調印式=結婚式であり、PMI(買収実施後経営統合)=結婚後の生活となる。現代の東京において、PMI軽視の風潮は非常に強い。

…と言いながらも、吾郎はちゃっかり英里と結婚。しかし、彼のアンチ結婚主義は変わらないようだ。

引き続き、既婚者たちの結婚生活を、彼独自の目線で観察していこう。


2人の子連れで高級官僚と再婚した、強者の女弁護士。39歳


「吾郎先生、結婚したんだって?おめでとう!」

昼休みのオフィスで呼び止められ、吾郎は「はぁ」と、あからさまに大きく溜息をつく。

結婚してからというもの、周囲の異様なまでの反応に、いい加減飽き飽きしていた。

同僚から友人まで、ありとあらゆる知人たちが、好奇心丸出しで吾郎の結婚に興味を持ち、根掘り葉掘りと詳細を聞き出そうとしてくるのだ。

それはまさにお祭り騒ぎ状態だが、他人の結婚にそれほど盛り上がる世間の風潮が、吾郎にはやはり理解できない。

「今日、ゆっくりランチできるでしょう?お祝いに奢るわよ」

先輩弁護士である美代の誘いを無下に断ることもできず、吾郎は渋々ランチに付き合うことにした。

しかし実を言うと、美代は39歳のバツイチで、約半年前に2人の子連れで高級官僚と再婚を果たしたという強者の女弁護士であり、吾郎は邪な好奇心を、微妙に刺激されもしたのだ。

【結婚ゴールの真実】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo