先週のアクセスランキング!1位は「東京マザー:刷り込まれた「良妻賢母」という幻想。理想の自分になれず、一人で苦しむ女」

「東京カレンダーWEB」の1週間分のランキングから、人気記事ベスト5をご紹介!

“東京マザー”に“恋愛感情だけで結婚したカップルは?”から“赤坂の夜は更けて”まで。さて、栄えあるベスト1は?

★第1位
東京マザー:刷り込まれた「良妻賢母」という幻想。理想の自分になれず、一人で苦しむ女

あかりが生まれるまでは、そんなことはよくあった。佳乃だって同じ会社で仕事をしているのだ。同僚などから突発的に誘われたりすることぐらい、十分理解している。

だが、あかりが生まれてからの紀之は、突発的な飲み会はほとんど行かなくなり、取引先との会食や歓送迎会には行っても、1次会で帰ってきていた。そして帰ってくると、紀之の担当である夜の食器洗いをしてくれていたのだ。それが、昨夜は違った。

続きはこちら

★第2位
かつてタワマンに住んだ港区の男たち。その反動で増える引っ越し先とは?

「凛子さんのおっしゃる通りです。この辺りは無機質なタワーマンションなどもなく低層マンションが多いから、ゆったりとした雰囲気が感じられるんでしょうね。」

夏のような日差しを浴びて、きらきら光りながら揺れる葉っぱを眺めて、市原が言った。そして、付け加えるように言葉を続けた。

「凛子さん、ご存知ですか。港区で一度栄華を極めた人は、タワーマンションには住みません。ちなみに僕も、木より高いところには住みたくないと思っています。」

続きはこちら

★第3位
2017年の東京。純粋に恋愛感情だけで結婚したカップルはどれだけ存在するだろう?

翔平とはもう二度と、会うべきではない。少しでも気を抜くと支配されてしまう翔平の残像を、息苦しいほどに胸を高鳴らせる甘美な余韻を、必死で脳内から追いやる。

しかし渋谷駅の改札を出て、スクランブル交差点を渡るとき、奈々はそんな努力が無駄であること、そして自分が自分で思うより浅はかでバカな女であることを、悟った。

続きはこちら

★第4位
東京・ホテルストーリー:自己満足なんて言わないで。幸福な花嫁を襲う、結婚式のジレンマ

結婚式はプロポーズされた場所と同じく、『グランド ハイアット 東京』で挙げることにした。馴染みのある場所での結婚式は縁起が良い気がしたし、『グランド ハイアット 東京』は知名度も高く、アクセスだっていい。

そして何よりも、ホテルでの結婚式は、やはり私の夢だった。

続きはこちら

★第5位
赤坂の夜は更けて:移ろいゆく女心を察した、41歳男の凄まじい絶望感

これまでも男の影を感じることはあったが、こんな言い訳めいたことを口にしたことはなかった。ハナに男がいるかいないか、真実は井上にとってさほど重要ではない(もちろん、いないと信じたい)。

それよりも彼女が好きだという自分の気持ちに偽りがないか、ということが重要なのだ。眠たい目をこすりながら、洗面所に向かう。洗面台で見上げた顔はいつもより疲れて見え、そこには確かに41歳のくたびれた男の姿があった。

続きはこちら

東カレデート詳細はこちら >

東京カレンダー 月刊誌詳細はこちら >

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo