先週のアクセスランキング!1位は「フラれても傷つけられても、大好きだった。元彼への復讐心が招いた思わぬ誤算」

「東京カレンダーWEB」の1週間分のランキングから、人気記事ベスト5をご紹介!

“復讐心が招いた思わぬ誤算”に“女の分かれ道”から“ワイングラスのように砕け散った恋心”まで。さて、栄えあるベスト1は?

★第1位
フラれても傷つけられても、大好きだった。元彼への復讐心が招いた思わぬ誤算

―吾郎くんの、妹......?

背後から吾郎の妹だと名乗った女を、英里は恐る恐る振り返る。吾郎の新しい恋人だと思い込んでいたため、なかなか直視することができなかった美女。しかしよく見れば、整った顔立ちや骨格、特に綺麗な唇の形が、吾郎によく似ていた。

「妹さんが、どうして......?」

続きはこちら

★第2位
東京・ホテルストーリー:30歳目前。絶妙な距離感の恋人関係を覆した、忘れられない夜

東京で過ごした20代の出来事や経験を頭の中に並べてみると、酸いも甘いもが色とりどりに、綺麗にコレクションされていく。大袈裟かもしれないが、それはまるで映画「おもひでぽろぽろ」のように、様々な記憶が走馬燈のようにふとよぎるのだ。

そして思う。私は、20代で、一体何かを成し遂げることが出来たのだろうか?いや、何もできていない、と。

続きはこちら

★第3位
ついに明かされる、男の本音。本命になった女となれなかった女の分かれ道

今回のプロジェクトでまさか、恋愛をすることになるとは思いませんでした。独立して、約3年。ようやく認められるようになり、依頼が増えてきて、仕事に忙殺されて。彼女はもう、2年くらいいませんでした。

莉乃さん、陽菜さんと過ごしたこの2ヶ月あまりは、本当に濃かったように思います。

続きはこちら

★第4位
それも1つのLOVE:23時過ぎ。「今から逢おう」衝動的に口にした男の、胸の内

「えー!翔平くんって、まさかあの翔平くん?!」

彼女は、アイラインとマスカラで確実に2倍の大きさになっている目をさらに大きくし、その後、何がそんなに可笑しいのかというくらい大げさに笑い出した。そして呆気にとられる翔平をまっすぐに見据え、含みのある口調でこう続けるのだった。

「やだ、まさか翔平くんに会っちゃうなんて。わたし…桜井奈々の同僚なの」

続きはこちら

★第5位
「彼まで、あの子を選ぶの?」割れたワイングラスのように砕け散った恋心

スパイシーな香りの強いフランス・シラーは、癖のあるジビエ料理と合わせるのがおすすめで、ボリュームのあるオーストラリアン・シラーズはバーベキューともぴったりだそうだ。

「シラーとジビエかあ、いいですねえ。ジビエといえば松濤の紹介制レストラン『エレゾハウス』のジビエ料理が最高なんだよなあ。紹介制なんだけどね」

わざとらしく声を張り上げる雅彦の独り言をぼんやりと聞きながら、美咲も無性にジビエ料理が食べたくなった。授業が終わるや否や、芹那が美咲の元に近寄ってきた。

続きはこちら

クリ2DY詳細はこちら >

東京カレンダー 月刊誌詳細はこちら >

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo