飲み終わって外に出たとき「明日も頑張ろう」と思いたい。権之助坂は、なぜかそんな気持ちにさせてくれる。

会社帰り、同僚とふらっと飲みに行く。普段なら、会社近くの居酒屋でビールをグビリなのだが、そんな日常を変えてくれる街があるのをご存知だろうか。

それは城南地区の山手線の駅でありながら、知っているようで知らない、最後の未開拓エリア「目黒」だ。

実はこの街には、大人が食べたい料理、そして大人が通いたくなるお店が、数多く存在しているのだ。


いつもの焼鳥も目黒ならグッと大人を感じられる

最近社内でちらほらと耳にする「目黒で飲んだ」という話。同期の渡辺も気になったようで、目黒に飲みに行くことに。いつもよく飲む五反田からひと駅移動した。

選んだのは権之助坂を下り、目黒川沿いの路地を奥に入った隠れ家的ロケーションの焼鳥屋『鳥焼 笹や』。黒塗りのシックな外装と落ち着いた和モダンなインテリアでコンセプトどおり「大人が楽しめる焼き鳥店」を体現している。

「ミシュラン ビブグルマン」の常連だとか。


目黒のカウンターでひとり相手を待つ大人感

渡辺は少々、遅れるようだ。ひとり先に入り、ビールを飲みながらシックなカウンター席で待つ。

いつもの居酒屋より静かな店内は「大人になったなあ」としみじみ感じさせる。


ただの同僚飲みも、職場の近くで済まさない

なるほど、最近周りで目黒が人気な理由が分かった。会社の人間と飲むのに目黒ってちょうどいいからだ。

肩肘張らないが決して雑でもない、この街にしかない雰囲気の中で絶品の焼鳥をつまみながら、近況報告。

見渡せばあちらこちらで同じような会話を繰り広げられている。


近況を語り合う。それだけでいいと思える目黒の時間

「ゴルフ、やっと100切ったよ」
「マンション買おうかと思って」
年を重ね、話題も大人になった。

色恋の話じゃない、仕事の話でもない。ただ、普通に近況を語らう。この店と、街が醸し出す雰囲気は自然と会話を大人にする。


「もっと頑張れ」を後押ししてくれる権之助坂

いい店で、いい話ができた。せっかくいい時間を過ごせたんだから、だらだらせずに一軒でお開きに。

権之助坂を上がり駅へ向かう。この通りが醸し出す「明日からも頑張ろう」と思わせる前向きな空気。

ここから社会人としての本当の勝負が始まる。

坂を上がる渡辺の背中を見ながらなんとなく、そう思った。

この店で食べるべきは、紀州備長炭でじっくり焼き上げる串焼き。右から、厚揚げ¥200、レバー¥200、ちょうちん¥400、ムネもと¥300、ハツもと¥300。ほんのり香ばしさを残しつつ、噛み締めると肉のジューシーさが口の中に広がってくる。

月刊誌「東京カレンダー7月号」は、大人のための「目黒」特集!

騒がしいだけの街は、もう嫌だ!というあなたへ。次なる大人の拠点はココ!

城南地区の山手線の駅でありながら、
知っているようで知らない、最後の未開拓エリア「目黒」。

最新号となる「東京カレンダー2017年7月号」では、この街に数多く存在する、大人が食べたい料理、つい通いたくなるお店の情報を徹底リサーチ!

騒がしいだけの街に別れを告げて、いざ「目黒」へ!

気になった方は今すぐこちらから!

※断然お得な定期購読プラン開始!なんと3号連続で半額!!その後も20%OFFでご提供!!!
※リンクはFujisan.co.jpに移動します。
※東京カレンダーは毎月21日頃の発売です。今月は5/20(土)!!

東カレデート詳細はこちら >

東京カレンダー 月刊誌詳細はこちら >

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo